俺の道


『充電中』 2018.10.16

毎月16日〜月末までは【一人行】

誰にも邪魔をさせません!



『本当だな・・・』 2018.9.25


誰が言ったのか忘れたけれど・・・

「お金で愛は買えないけれど、お金があった方が愛が潤います。」

本当だな・・・。



『ここが勝負どころ』 2018.8.23

イライラするような時こそ、

言動は冷静に!!



『自制心』 2018.5.7

自分の心をコントロールするのは難しい・・・。

だからこそ、座禅をして【鍛練】する事が大事なのです。



『身の丈を知る』 2018.4.16

背伸びをする事なく、

自分に相応しい生き方をする事が大事だ。




『霊能者は・・・』 2018.4.4

霊能者は人の腹の中を見て人を判断するのです。



『いつも思うこと』 2018.3.28

几帳面もルーズも駄目!

ゆったりと笑いながら楽しむ人生がいい。



『俺の想い』 2018.3.26

俺は「可愛い・・・」と思えない人間に、

手を差しのべる事は出来ない。




『邪魔をする奴』 2018.2.23

必要の無いヤキモチばかりを妬いて、

俺のすべき事を邪魔する奴はいらない。



『東京相談所(日宗庵)』 2018.2.21

『東京相談所(日宗庵)』は、一徳が独り立ちできるようになったなら、

飛行機でも新幹線でも来やすい【東京駅】か【上野駅】周辺で行おうと考えている。

おそらく、そんなに先の事ではないだろう。




『本物と生きる』  2018.2.2

・口が達者な奴

・チャラチャラしている奴

・忠義というものを知らない奴

そんな奴らとは関わらない。

俺は時間が掛かっても【本物】だけと繋がっていく。




『心の軸』 2018.1.4

俺の『心の軸』は、

常に「なにくそ!」と思ってチャレンジする事だ。




 
『魂』 2018.1.3

魂というものは、

この世だけで終わらない。

だから、もしもこの世で達成できなかった事があったとしても諦める事はない。

次に生まれ変わって来た時に達成すれば良いのだから。



『俺の道』  2017.12.29

権力によって変わる法律よりも、

俺は恒久不変の法律に従う。




『一番大切な事』 2017.12.27

人を大切にしない者は、

人に殺される。



『常識』  2017.12.24

日本の常識を当たり前と思ってはいけない。

何が本当の常識なのかを知るために

俺は海外へ行く。



『確信』 2017.12.17

どんなに不遇の時代が続こうとも、

腐らずに諦めないで踏ん張れば、

必ず明るい未来が見えてくる。



『絶対に負けない!』 2017.11.25

最近になって気付いたのだが、

俺は試されているような気がする・・・。

だから「俺は絶対に負けない!」

下を向いてたまるか!



『未熟』 2017.11.19

額に飾られている『未熟』という言葉は、

いつ見ても謙虚な自分に戻れそうでいい感じがするなぁ〜。



『霊能者』 2017.11.10

霊能者は神と人間を『繋ぐ人』。

人間と人間を繋げるお節介はしない。




『信じられる人間に』 2017.10.25

人を信じるという事は、非常に難しい。

しかし、信じてもらえないようだと、生きてはいけない。

「日宗だけは信じられる!」

と、言われる人間になりたいものだ。



『霊能者を目指した理由』 2017.10.16

決してお金儲けではなく、

世の中のお役に立ちたいという気持ちからだった。

その気持ちは今も変わらない。




『その時』  2017.10.1

ジタバタせずに『その時』が来るまで待つ忍耐力が大事なんです。




『自信』  2017.9.28

何事も『自信』を持ってやれない者は成功しない。




『どんな時も笑って!』 2017.9.23

人間ってやつは弱いものです。

ちょっと体調を崩しただけでイライラする・・・。

どんな時も笑って行こう!




『エンジョイして!』 2017.9.14

人生は【楽しんで】生きる事こそが大事です。

これはセドナで学んだ事。




『本物』  2017.9.7

【欲】など出さなければ、

曲者などが来ても惑わされることはない。




『すごい人に!』  2017.9.5

「あの人はいい人ね〜」

と言われているようじゃ、

大事は成し遂げられない。




『進むべき道』  2017.9.2

人間にはそれぞれ与えられた宿命というものがあります。

だから、どんなに辛くても逃げてはなりません。




『想い』  2017.8.31

相手に自分自身の【想い】を伝えるというのは、

実に難しいものだ。




『我慢くらべ』 2017.8.29

わが人生は、

まさに【我慢くらべ】。

弱音を吐いたら負け!




『本物とは』 2017.8.27


自分自身の事のために神・仏の所へ行っているうちは、

まだまだです。

全く血の繋がらない人のために動けるようになった時に、

本物になるのです。




『その時』 2017.8.24

渇ききった喉に水が注がれた時のように、

教えというのは【その時】まで待たなければ浸透していかない。



『未熟』 2017.8.22


羽黒山の麓に【多聞舘】という旅館があり、

その旅館には『未熟』と書かれた額があるのです。

人間は自分自身の事を「まだまだ未熟」と捉えていれば、

修行を怠る事はない。




『役割』  2017.8.21

一人二役で無くていい

たった一つの自分自身の役目を果たせば

皆『ヒーロー』。




『友』 2017.8.20

友は選ぶべきです。

しかし、その前に自分自身のレベルを上げる事が大事です。

そうすれば、人間的にレベルの高い友が出来るからです。



『面白み』 2017.8.16

堅実にばかりやっていたら、

面白みのない人間になっていた。




『生き方として』 2017.8.14


別に頼まれた訳でもないのに、

人と人との間に入るのは、

『無駄な努力と余計なお世話』なのです・・・。




『日々の生活』  2017.8.10


どんなに良い仕事をしていても、

笑顔のない生き方じゃダメだ!



『思い込んだら試練の道を!』 2017.7.31

過去は過去。

どんなに凄い実績があったとしても、

今が駄目なら、それが現実です。

私は過去の栄光を私は乗り越えてみせる。

今がすべてなのです。

私は新たな私の道を進む!

これが俺の道。



『これからの生き方が大事』 2017.7.28

過去は宿命、未来は努力次第。




『鎖場(ポジション)』 2017.7.24

近すぎると見え難く、

離れると良く見える・・・立ち位置(ポジション)。

鎖場も人間関係も同じだな。



『根』  2017.7.22

どんなに修行をしたとしても『心の根』が曲がっていたら、

大木にはなれない。

また『心の根』が腐っていたら、

いつの日か必ず倒れる。

しかし、真っ直ぐな逞しい柔軟な『根』は、

どんな怨念にも負けない。




『生き様が大事』   2017.7.18


結果がすべてのこの世。

結果は自ずと出るものです。

大事なのは、どのように生きたかです。



『分相応』    2017.7.17 


似合わぬ事を行えば

身を滅ぼすことにつながる。



『節目』     2017.3.26


私にはなぜか【6年半】というのが付きまとう。


『一年間の三輪山修行』を始めた時から6年半が経ちました。

いよいよ、私の実力を発揮する時が来たようです。



『人は・・・』     2016.9.22


俺も含め、

辛い思いをしないと、

反省をしない・・・。



『残念』     2016.9.15



心と心が通わない人たちとは関わらない。


それが俺の生き方!!



『修行が命です!!』    2016.7.25


俺には『愛』だとか『恋』だとかという浮わついたモノなどありません。


あるのは自分自身を高めていく修行のみ。



『これからの生き方』    2015.10.13

俺は自分の思ったように生きていく。




『俺の生き方』    2015.3.30

俺は『右へ倣え!』の生き方はしない。



『信じる人たちと・・・』     2014.12.25

私は『目に見えない大切なモノ』を



信じる人たちと生きて行きたい。



『本当の力』     2014.10.16

人間は苦境に立たされた時に、



真価が見えてくる。



『執着することなかれ』     2014.6.6

過ぎた事は忘れなさい。



そうすれば柔和な顔で過ごせますから・・・。



『チヤホヤする者を疑え!』     2014.5.7

必要以上にチヤホヤする者の腹の中には、

必ず自分本位の企みがあるものだ!!



『本当の実力』     2014.2.22

たとえ実力があっても、

本番で力を発揮できないのは


実力がないのと同じ事・・・。



『プロフェッショナル』     2014.2.17

自分自身の首を絞めるような事を続けるのではなく、

自分自身の武器を磨きあげる努力を怠らないのが『プロフェッショナル』。


私も『プロフェッショナル』になってみせる!



『心のままに』     2013.12.11

人生は長くない・・・

だからこそ『時』を大切にしたいのだ。

意地を張って生きるのはもったいなさすぎる。

だから俺は『心のままに』生きる。



『俺の生き方』     2013.11.3

神様と精霊は、

一度その家から出ていったならば、

二度と戻って来ない。


私の生き方もそうだ!



『お節介はやめろ!』     2013.9.12

頼まれもしない事はするな!



『でっかく生きる』     2013.9.12

他人の悪口を言っているうちは、

まだまだ小物・・・。



スケールの大きな人間を目指せ!



『自信』     2013.8.8

上司に楯突くのは自信の現れ、

それならば自分の自信と共に自分の力で生きて行けばよい。



『闘争心』     2013.7.26

子供の頃の俺は強い者を倒すことが楽しかった。

それがいつの頃からか、強い者に負けるのがカッコ悪く思うようになっていた・・・。

俺はいつの間にか闘争心を失っていたのだ。

それから6年・・・、

俺に再び『闘争心』を取り戻させてくれたのは自衛隊の銃剣道でした。

銃剣道に感謝です。

闘争心なき者は去れ!

という感じです。



『本心』      2013.6.15

何事もまずは俺自身がやりたいのかどうかが大事だ!


周りのために気を使ってやるものではない!



『決断』      2013.5.1

俺は人を生かすために生きてきたつもりだが、



いつまでも自分に甘く生きる者を使うことは出来ない。



『人間の器』      2013.4.10

人間の器というものは、



『志』と『経験』によって、



いくらでも大きくすることができる。



『信頼』      2013.4.2

信じてくれる人しか救えない。



『財を求めるのなら』      2013.3.26

他人に喜ばれて



財をなすようでなければ



幸せは続かない。




『ウンザリさせる人』      2013.3.19

まるで・・・「私が一番よ!」



というような態度をする者は鼻持ちならない!



俺はそういう人間をみると、



ウンザリしてしまうのです。





『魂が喜ぶ生き方』      2013.2.28

好きな人と



一緒に歩む人生でなければ



魂は喜ばない!






『俺の道』      2013.1.4

自分の人生は自分自身が作る。





『本当の絆』      2012.12.31

楽しい時は誰でも付いてくる。


しかし、困難が押し寄せて来た時に、

共に立ち向かって行く者は少ない・・・。





『分岐点』      2012.11.29

欲に目がくらむと、


人生を台無しにする!





『どれほどの思いか・・・』      2012.11.26

離れると心が離れてしまう人がいるが、


離れるほどに相手の事を愛しく思う人もいる。



人を思う心の強さというものは、

離れた時に分かるものだ。





『選択ミス』      2012.11.20

助ける必要のない人を救おうとしたばかりに、



大切な人を失ってしまうという事がある。



悲しい人生の選択ミス・・・。





『けじめ』      2012.10.1

一生懸命にやっての失敗は許せても、



何度も信頼を裏切る行為をする者を身近に置くわけにはいかない。






『体力と気力』      2012.9.7

体力と気力さえ充実していれば、



どんな困難があろうと人生なんとかなる!





『集中力』      2012.9.5

これからの俺の人生を切り開いていくもの・・・それが『集中力』。



一つの事に全身全霊を集中させる・・・。



これが課題だ!





『熱い思い』      2012.8.25

俺はハッキリとした目標と



俺をかき立てる怒りにも似た感情が沸き起こって来ないと、



本当の底力が出ないタイプ・・・



今がまさに『その時』である。





『修行』      2012.6.18

大勢で行う修行・・・



自分一人で自分自身と向き合う修行・・・



どちらも大切なんです。




『誠の道』      2012.5.17

命をかけて



自分の道を行く





『貫く』      2012.4.30

自分の思いを貫く!



言葉で言うほど簡単ではない・・・



それでも俺はやってみせる!





『男として』      2012.4.19

男は男に惚れこまれるような人間じゃないとダメだ!



女も女に惚れこまれるような人間じゃないとダメだな!




『八方塞り』      2012.4.12

「何をやってもダメだ・・・」と言う人は、



やり尽くしていないだけの事です!




『恋愛』      2012.4.6

愛とは決して後悔しないこと。



だから・・・いつまでも恨みがましくしないこと。





『心』      2012.4.4

福島は暴風・・・



しかし私の心は澄み切っております。





『生き方』      2012.4.1

限られた命を大切にし、



魂をキラキラと輝かせ、



生きたいようにイキイキと生きる!



これが大事だ。






『俺が進む道』      2012.3.31

自分の生きたい生き方をする。



それが俺の生き方。





『嫁と姑』      2012.3.27

「私と義母のどちらが大事なの?」



と言うような妻はいらない・・・。





『信じ合うこと』      2012.3.20

相手の事を疑うことは容易いけれど、



相手の事を信じきることはなかなか出来ないことです。



そんな人間関係の中で『信じ合うことができる仲間』を持てるというのは、



すごく幸せなことだと思います。





『褒めるだけでは・・・』      2012.3.18

『良い所』を伸ばせば才能が開花する。



しかし、『欠点』を直さなければタイタニックのように沈没するだけ・・・。





『人間として』      2012.3.15

他人の事を揶揄したり、



他人の失敗を批判したり馬鹿にしたりするような者は、



大概、自分の事を棚に上げている者が多い。



他人を責める前に自分自身を省みろ!





『生き様』      2012.3.14

恋愛のこととは異なるが、



究極の時 自分を捨てて 他人を生かす生き方をする者は、



来世で輝かしい生き方をする事が出来る!





『魂を救う』      2012.3.13

寂しい魂を持っている者だからこそ



寂しい魂を持つ者の気持ちを分かちあえる・・・



そしてついにはお互いの魂を救うことができるのだ・・・。




『期待するな!』      2012.3.11

何事も絶対に自分からは・・・諦めない!



そして、相手には絶対に負担を掛けるような・・・期待をしない。



それが俺の生き方。





『一枚岩』       2012.3.9

一人ひとりが勝手な事を言っていたら、



一枚岩にはなれない。



『一枚岩』になるには・・・それぞれの者が目指す目標を見失わない事が重要だ!





『思いやり』       2012.3.7

相手を責めるのは誰にだって出来る。



責めたい時こそ、



相手の事を理解しようとする心が大事だ。





『友』       2012.3.6

『無くて七癖、有って四十八癖』というように、



どんな人間にも多かれ少なかれ癖があります。



どんな癖があろうと、それでも好きだと思える友(人)がいる・・・。



そう思える事自体が幸せなのだと思います。






『転機』       2012.3.5

ある時から人に見えないものが見えるようになった・・・



その時から俺の人生が変わった。



人生って面白い。





『笑いが一番』       2012.3.4

自然に笑いが出てくる生活・・・



これって最高だね!





『真理』       2012.3.3

警察に捕まるような生き方をしてはいけない。



しかし、その時代により変わってしまう倫理や道徳には縛られない・・・



それが俺の生き方。





『難病』       2012.3.2

『難病』と向き合い、



努力する人をサポートする【誠】を成功させてみせる!



やったるわい!





『負けん気』       2012.3.1

負けたままでは絶対に終わらない・・・。



これからが底力の見せどころ。






『ルール』       2012.2.29

一社会人としては、



ルールに従って生きるべきだが、



間違った判断には、



従う必要はない!



これが俺の生き方だ!





『隣り合わせ』       2012.2.28

幸せは



いつも悲しみの隣に・・・





『目指すべき生き方』       2012.2.27

【パワースポット】を回りながら【自分さがし】をしていると、



自分が目指すべき生き方が見えてくる。





『楽しんでこその人生』     2012.2.26

人生を楽しまない奴は馬鹿だと思う。



その人生を楽しむための努力を惜しむ者はもっと馬鹿だ!・・・と思う。





『5・17の奇跡』     2012.2.25

【自分さがし】をしていると、度々出会う数字がある。



それが≪5・17≫だ。



5月17日・・・5時17分・・・。



もうじき私の謎が解けそうだ。





『本心のままに』     2012.2.24

別に誰にも理解されなくてもいいんです。



自分自身が納得出来る生き方が出来れば・・・。





『生き様』     2012.2.23

人がやらない事をする・・・。



人がやれない事をする・・・。



これが俺の生き方。





『節穴』     2012.2.22

その人を見ていれば分かります。



『真剣』なのかどうかなど…。





ずっと見ていても分からないのは、



目が節穴だからだ。





『間違った思い込みは…』     2012.2.20

人の心の中を勝手に解釈し、

自分勝手に相手を罵る人…。

いいかげんにして欲しいものだ!



間違った思い込みは自分を惨めにするだけです…。





『無欲』     2012.2.19

余計な事を考えずに、

ただひたすらに、

すべき事を続けて行くと、

自然に生きる道が開けてくる。





『信念』  2012.2.18

誰がなんと言おうと、、



俺は自分の信じる道を歩いていく!   





『未熟…』  2012.2.17

自分自身が未熟だと、



恩師の言っている言葉の意味が理解できない・・・。 





『見ていれば分かる』     2012.2.16

【本物】かどうかなど、



その人の生き様を見ていれば分かります。





『喧嘩両成敗が原則』     2012.2.15

人間同士の喧嘩なら【両成敗】が原則。



もしも片方しか罰さないとしたら、それは余程の理由があるからだ。



たとえば、人間同士の喧嘩ではなく【人間と狂人】・・・の場合などである。





『人間力』    2012.2.14

人間は生きている時が勝負の時。

生きている間にどれだけ【人間力】を高められるかが重要だ!



【人間力】というのは不測の事態が起きた時に試されるもの・・・。

オロオロせずに冷静沈着でありたいものだ。



【人間力】を高めるというのは、男を上げるという事でもあると思う。





『見返りを期待するな!』    2012.2.13

見返りを期待するな!



少しでも何らかの見返りを期待して何かをやるような者は決して本物ではない。





『信頼』      2012.2.12

自分の命を預けられる人がいる・・・という人は幸せです。






『こんな俺だからこそ』      2012.2.11

≪訳有り≫の人間なんて世の中には沢山いる。

≪訳有り≫だからこそ・・・、

≪叩けば埃が出る≫ような人間だからこそ、

他人には言えない人の苦しみや悩みを理解できるのです。

俺がしようとしている事は【聖人君子】たちには、

到底理解できない事だろう・・・。



こんな俺だからこそ出来る事をしていきたいと思う。





『匂い』    2012.2.10

その場所には絶対に有り得ない【匂い】が漂うことがある。



【匂い】の正体は≪生霊≫。



嬉しく思えるものもあれば・・・憎々しく思えるものもあり・・・。






『続ける…』       2012.2.9

続けた者にしか理解できない事がある・・・。



続けた者にしか味わえない喜びがある・・・。





『振り回されるな!』       2012.2.8

自分の意思で他人に付いて行くのならいいが、

自分の考えも何もなく、ただ何となく流れのままに付いていくのでは、

人間として《生きている》とは言えないじゃないか!



【しがらみ】に負けるな!





『今を生きる』       2012.2.7

誰にも束縛されずに、



自分の≪心のままに≫今を生きる・・・。





『ノアの方舟』       2012.2.6

昔も今も・・・、

まさに『ノアの方舟』のような話が現実化しています。



やはり《信じる者》しか救えないようです。



あえて違う道を選ぶような人は、

自分の好きな道を生きればいいだけの事です。





『卑怯な人間になるな!』       2012.2.5

自分の心の中の苦しみを楽にしたくて、

周囲の人々を悲しませるような出来事を暴露するんじゃない!



それは《卑怯な人間》がする事だ!

自分の苦しみを他人に預けるな!



周囲の人々に苦痛を与えるような出来事は、

何も語らずにたった一人で【あの世】まで持って行け!



それが大人というものです。





『幸せの定義』       2012.2.4

幸せの定義などありません。



いま自分が幸せを感じて生きているのなら、

それが幸せを掴んだという事なのです。






『愛情』       2012.2.3

世の中には沢山の《いい男》《いい女》がいます。



その中でどんな人を選ぶのかで人生そのものが変わってしまいます。

人は人を愛し、愛されて生きています。



『愛される』という事は非常に有り難いことです。

しかし、狂気に満ちた思いで愛されると、

心が退いてしまうものです…。



本当の愛情というのは、

自分の立場より相手の立場を大事にすることだと思います。





『強い執念』       2012.2.2

強い執念は奇跡を起こす!






『甘えるな!』       2012.2.1

自分自身を甘やかしている者は、

決して満足できる人生を歩めない。






『いい人なんて言わせない!』    2012.1.31

勝負の世界では「いい人」と言われるのは、

相手に無礼(なめ)られている証拠。



無礼(なめ)られてしまったら・・・生きては行けないのです。





『俺の道』      2012.1.30

たとえ来世があるとはいえ、

この世の人生はたった一度。



その人生を俺らしく生きたい。

誰にも邪魔などさせない!



俺は燃え尽きるまで生きたいように生きる。

俺は『俺の道』を歩いていく。





   もどる