祈り




『たとえ善行をしたとしても、功徳ほしさにした善行に功徳なし!』

また、

『善行を積んでも、したことがばれてしまったら、

それはもう善行とはいえない!』


といいます。


それは、それとして・・・


あるお寺のご住職様が、
 
私の幸せを願って祈っていてくださっていたことを

その奥様からそっと聞かされたことがありました。



その時のありがたさと喜び、それと安堵感と言うものは、

言葉に言い表せないほどのものがありました。



もし、どなたかがあなたの前途の幸せを祈ってくれていたとしたら、

どう思いますか?



愛情の押し売りは決していいものとはいえませんが、

人の幸せを祈るということは、とても尊いことだと思います。



皆さんも自分のために祈るだけでなく、
 
他人のためにも祈るような

心の豊かさを育てていってもらいたいと思います。



「良いことは、真似るべき!」です。



真似ることは、学ぶことにつながることだからです。



私もこのありがたいご住職様を見習っていこうと思い、

ある時から私の元に来た方々の祈祷をしています。



皆さんが心から平安になり、健やかに生活されることを

心からお祈り申し上げます。



                             目次へ戻る