一日一徳





誰かにご馳走になった時に

「今日もまた、おごってもらっちゃった!ラッキー~得しちゃった!」と

思っている方おりませんか?



これは大変な間違いですからね。

これは【得】違いで、知らず識らずのうちに【徳】を失っていることなのです。



例えどんなに立派な修行をしていたとしても、

その一方で他人を利用して「しめしめ・・・」などと思っていると、

折角の善行が台無しになってしまうのです。



一日に一度は、他人に喜ばれることをすることを心掛けていきましょう。



これが、【一日一徳】です。



ここで間違ってもらっては困るのは、たとえ自分では良いことをしていると思っても、
 
相手に迷惑がられるようでは善行とは言えません。



そして、その善行も人知れずしてこそ、善行と言えるのです。



もし、自分がした善行が他人に知られてしまったら、

それはもう善行にはならないのです。



善行は、人知れずやってこそ・・・ですからね!



以前こういうことがありました。



私がある所に供養をするために行った時の事です。



私は目立つことが本来好きではないので、
 
同行した人達の見ていないところで、
 
一人っきりで亡くなった人々の供養をしてきたのです。



そうしたら、東京に帰ってくるなり、

「日宗さんは、お酒を飲んできただけで、供養も何もしてくれなかった!」
 
と、言われてしまったのです。



それを聞かされた時、別に反論する気もおこりませんでした。



私がいちいち「こういうことをしてきました!」
 
と、言わなければ分かって頂けないようでは寂し過ぎますからね。



このように、

公衆の面前において身振り手振りでアピールしなかったばかりに

誤解を招くという場合もありますが、気にすることはありません。



言っても分からない人、そして分かろうとしない人に、

いくら説明したところで心の底から理解していただくことは

できないと思うからです。



私のしたことが、供養してきた相手の方に伝わってさえいれば

いいだけのことです。



周りからの誹謗中傷など言わせておけばいいのです。



真実は神様が判断してくれるのですから。



私は【一日一徳】を行なうことで、
 
過去世からの悪い因縁が少しずつ解消されていくことと思います。
 
 
 

                            目次へ戻る