とらわれないこと!




これは、中国でのお話です。



修行僧であるAとBが、お師匠様から遣いを言い渡された時のことです。



出発の際に、お師匠様から

「道中は決して女性にとらわれることなく行くのだぞ!」

と言われ旅立ったのです。



ある日のこと、二人の僧が川を渡ろうと川岸に近づくと、

増水した川を渡れずに困っている女性がおりました。



Aという僧侶は、すぐさまその女性を抱きかかえると、
 
対岸へと運び、女性を岸に降ろすとまたすぐにサッサッと歩いていきました。



20~30分ほど歩いた頃でしょうか?

突然Bという僧侶が、

「お前は先程、お師匠様の言いつけに背き女性の体に触れたが、

お前はお師匠様との約束を忘れたのか!」と責め始めたのです。

   (ここからが大事なところですからね!)



するとAという僧侶は、

「何のことだ?・・・

お前はまだ、そんな事にとらわれて、歩いておったのか?・・・」

と言って、また歩き出して行ったというのです。



皆さんは、今のような話を聞いてどう思われるでしょうか?



Bという僧侶は、真面目な男で、Aという僧侶は、とぼけた男だなぁ~と

思いますか?



この物語の判断は女性に触れたことの良し悪しではなく、

”女性のことも含め、一つの事に対して”

いつまでもとらわれているようではいけませんよ!

という教えの話なのです。



とらわれるということは、ある意味自分自身に

【呪縛】をかけてしまっているようなものなのです。



何かにとらわれてしまうと、人は心を乱し平常心を

失ってしまうのです。



女性を助けた後、AとBは共に同じように歩き続けていたのですが、

心の中は全く違っていたわけです。



Aという僧侶は、黙々と無心で歩き続け、

B僧侶は歩くことに集中することなく、

悶々とした頭で歩いてしまったのです。



このような状態で、同じ修行を続けて行ったとしたら、

この二人の僧の成長度合いには、

かなりの隔たりが生じてしまうことでしょう。



この世で与えられている時間は、無限ではありません。



だからこそ、その大切な時間を過ぎ去ったことにとらわれるあまり、

【今】という大事な時を疎かにしてしまっては、もったいなさ過ぎます。



過去の出来事にとらわれ過ぎると、前に進めませんからね。



常に前の事にとらわれることなく

【今の考え】【今の行動】を大切にしてゆくと、

良い生き方ができるのです。



私が【前世を知ること】の大切さを言うと、誤解されることがあるのですが、

これは別に後ろ向きの人生をさせるために言っているのではないのです。



自分自身の過去世(前世)での失敗を知ってもらったうえで

【こういう生き方をしてはいけませんよ!】ということを伝えるために

言っているだけのことなのです。



同じ失敗を繰り返さないためには、

心を成長させることがとても重要です。



私のもとに通って来ているTさんという方がおります。



この方は、十年近く他人を怨んで生きてきたらしいのですが、

ある時フッと気づかされたというのです。



それは

『いつまでも他人を怨んでいると、結局は自分が惨めになるだけ・・・

もう相手を許してあげよう!』

と、そしたら急に自分自身が楽になったというのです。



考えてみると、確かに相手をいつまでも憎んでいる人の顔というのは、

鬼のような顔になってしまうものです。



反対に、相手の事を許せた人の顔というのは、

とても温かく優しい顔になって行くものなのですよね!



まるで仏様のように・・・



相手の失敗や過失を許してあげるということは、

なかなか出来にくいことではありますが、

先ほどのTさんのように、心が育ってきた人であれば、

それができるのです。



そういうことのできる人が増えてくれれば、

この世から戦争というものが無くなって行くのですが・・・。



 皆さん一緒に、優しい顔になって生きていきましょう!



                              目次へ戻る