ただいま荒行中!(介護体験記)

              



私は基本的に自分の親は、

他人に任せるべきではないと考えております。



たとえ、病気のためにどんな状態になろうと、私という人間を

育ててくれたのは、まぎれもなく自分の親なのですから、

自分で看るべきだと思います。



これが、親の恩に報いることだと思うのです。



しかし、脳の萎縮が著しくなってしまった場合は、

それなりの施設にお願いすべきだと思います。



どうもボケてくると、常に感情に波があり、

自分の気に入らないことがあると、

それに反応し制御不能になるようですからね。



昨年の10月から私は、ボケてしまった父と暮らしているのですが、

これはまさに荒行です。(笑)



荒行と言えば、僧侶の修行を連想されるかと思うのですが、

ボケた人の介護から比べれば、僧侶の修行など比べものになりません。



なぜなら、僧侶の修行と言っても期間がありますから、

それが修了さえすれば、なんらかの資格が与えられるだけでなく、

修行場から開放された後は、バラ色の人生が待っているのですからね。



しかし、この介護の荒行はどちらかが死ぬまで続くのですから、

まさに本当の荒行です。



言葉で言ってみても、実際に体験してみないと、

なかなか理解しにくいかと思いますが、ボケた人との

共同生活をするということは、想像を絶するものがあります。



「身内の恥をさらすものではない!」とお叱りをうけるかもしれませんが、

現在私と同じような荒行?をされている方のために、

私はあえてエールを送るつもりで書かせていただきます。



お聞き苦しいところがありましたら、ご容赦ください。



よくテレビなどの人生相談で、

「ボケた親の介護のために、恋愛する時間など全くありませんでした。」

という女性の嘆きを耳にすることがありますが、

これは本当のことだと思います。



それほどに、自分の時間というものが介護のために

費やされてしまうのですからね。



現状を知らない人は、

「ボケた人には、何か趣味を持たせればいい・・・」

と簡単に言いますが、ボケた人というのは、

その何かに興味を持たせようとする

脳細胞自体が壊れてしまっているわけですから、

口で言うほど簡単にはいかないものです。



たとえば睡眠時間ひとつにしても、

常に臨戦態勢で寝ているようなものですから、

自分がいつ寝ているのかさえわからない状態に陥るのです。



なぜなら、父が夜中にトイレに行ったあとに、

どこへ戻ればいいのかわからなくなるため、

付き添わなければならないからです。



それが、場合によって2時間おき、

あるいは3時間おきに起こされるわけです。



起床時間も父の体調しだいで、

午前3時であったり、5時であったりと日々変動するのです。



つまり、これは私が臨機応変に対応できるようになるための

荒行なのでしょう?(笑)



また、話をしていても、何度も同じ質問を繰り返しますし、

なかでも一番困るのが、異性へのいやらしい妄想を抱き、

実際にそれが起きているかのように信じ込み、

自分の思い通りにならないと、男のプライドが傷つけられたかのように、

勝手に怒り出してしまうのです。



それで済めばいいのですが、

ひどいときには、お世話してくれている相談者の方にまで、

まるで召使いか奴隷のように罵声をあびせるのですから、

息子としては、ただただ申し訳ない気持ちでいっぱいになります。



はずかしい話ですが、私の父は若い頃から、

なにかにつけ文句をつける人でした。



たとえば、体が悪くて働けない人を見ると、

「あいつは、怠け者だ!」

と、ばかりに人を見下すのです。



むかし父が、「ああいう人間は最低だ!」と言った言葉が、

今すべて自分自身に返って来ているのですから、

因果応報とでも言うべきなのでしょうか?



子煩悩な所もあった反面、お酒を飲むと特になのですが、

身体の弱い母に対して、具合が悪くて寝ていても、

怒鳴りつけては起こし、女中のように扱う人でしたから、

ある意味まるで鬼人のような人でしたね。



ボケた現在でもそういうところはだけは、正常な時とまったく

変わっていないのですから、不思議でなりません。



たとえば、私が40度近い高熱を出しながらも、仕事をしていると、

うしろから「いつまでも癖が悪いんだから・・・まったく!」と、

怒りだし罵声をあびせる始末ですからね。



これが、痴呆症(ボケ)ということなのでしょうけど・・・。

ボケ症状というのは、人間をものすごく自分勝手にするようで、

自分の都合のいいようにしか解釈しないようです。



そして昨晩話した内容なども、翌朝にはすっかり忘れてしまうのですから、

午前中はまるで宇宙人のようです。



そして夜になると、晩酌をやりますから今度は、

たこ八郎状態になるのです・・・(笑)



とにかく普段は、耳がかなり遠いので、

なかなか会話がなりたたないのですが、

なぜかお酒が入ると血の巡りが良くなるせいか?

普通に聞こえているようなのですから不思議でなりません。



最近は、歩行訓練と称してお堂に歩いて通っているのですが、

そのせいもあって脳細胞が活性化されたのか?

さすがに鏡の中に入ろうとするようなことはなくなりました・・・と、

書くつもりでいたのですが、残念ながら突然昨夜から徘徊を始め、

久々のスペシャル「鏡入り」を行なってしまったのです。(笑)



また、足が丈夫になってきた分、

それが災いして、一人で出歩くこともあり、

警察の方にご迷惑をおかけしてしまうこともでてきてしまいました。



現在、右目が全く見えない状態なので、日常生活においては、

かなりの注意が必要です。



今思えば、昨年川に転倒した原因も、

このあたりにあったのかもしれません?



一時入院して検査した結果父は、

アルコール依存症ではないことがわかりましたので、

相談者の方々を交え毎晩晩酌をしているのですが、

それがとても楽しそうなのです。



昔から、「笑うカドには福来る」といいますが、

毎日父と暮らしていると、人間には本当に「笑い」というものが、

重要なのだということを教えられました。



どうか皆さん、たとえ今が荒行中であったとしても、

たくましく笑って暮らしてくださいね!



そうすれば、あなた自身も

ボケることなく楽しく生きていけると思いますよ。



この場を借りて、身内でもできないことを、昼夜を問わず、

無償で介護を手助けしてくれている相談者の方々に

心から感謝いたします。本当にありがとうございます。
                        



目次へ戻る