人形に魂が入ると





先日、ある所で人形を見て欲しいという依頼を受けました。



早速私は、その問題の人形を見てみると、

うわさ通りに念が深い(思いが深い)ものを感じました。



しばらく、その人形を霊視しているときのことです。



その人形が「帰りたい・・・」と一言、私に語りかけてきたのです。



どういうことだろうと思い、その人形に尋ねてみました。



すると、お婆さんが現れ、私にこう話し始めたのです。




「私は、この人形を大切にしていた女の子の祖母にあたるものです。

可愛い孫のそばにいたいと思っているうちに、
 
孫が大切にしていた人形の中に、私の魂(霊魂)が入ってしまったのです。

孫が可愛がってくれているうちは、

孫のそばに居られて幸せだったのですが、

孫の成長に伴って、この人形が必要でなくなってしまったために、

ここに送られて来てしまったのです。

このままだと二度と可愛い孫に会うことができません。

だから、帰りたいのです。」と。




私は、すぐに人形からお婆さんの魂(霊魂)抜きを試みました。



するとどうでしょう?



あれほど哀しい暗い顔をしていた人形の顔が、

うそのように穏やかになったのです。



それを感じたのは、私だけではありませんでした。




私に依頼してきた方も、


「あの人形が、とてもきれいになったように見えるのですが、

布巾か何かでお拭きになったのですか?」


と尋ねて来たくらい表情が変わったのです。




人間の体の中には魂(霊魂)が入っているのですが、

その人が死ぬと体の中から魂(霊魂)が抜け出し、

新しい世界あるいは、新しい体に入り込み生まれ変わります。



しかし、ひとたび人形の中に魂(霊魂)が入り込んでしまうと、

人形は死にませんから、誰かが魂(霊魂)抜きをしてくれないかぎり、

その人形から出られなくなるようです。



それで、人形にまつわる不思議なことが、

あちこちで報告されるのでしょうね。



今回は、【念の深い人形の魂抜きの必要性】を学ぶことができ、

とても勉強になりました。



ありがとうございました。
 
 
 

                              目次へ戻る