この世での出会いは…




人間は『おぎゃ~!』と生まれると、様々な方々と出会い、そして別れを繰り返します。

この人との出会いは、たまたま偶然・・・という事ではありません。

この世での出会いは、【前世】と言われる遠い昔からの繋がりによってもたらされているのです。

皆さんは、その事に気づかないから些細な事で簡単に別れてしまうのです。

実に勿体ない事です。

この世での出会いは、前世で成し遂げられなかった課題を克服するためのチャンスでもあります。

我々の
相談所に訪ねて来られる相談者の皆さんは、気づいていないかもしれませんが、【前世】からの特別な繋がりがあるのです。

また、特に『恋愛をする間柄』や『結婚をする者同士』などは、最たるものでとても縁が深いのです。

それらの繋がりを容易く切ってしまうのは、余りにも勿体なさ過ぎると思えてなりません。

この世においての出会いは、自分を変える最大のチャンスなのに、それを一時の我が儘な感情で終わりにしてしまうのは最大の損失だと思います。

「言わなくても分かるだろう!」という方がおりますが、言葉に表してもらえないと気づかない事もあります。

お互いの言葉が足りないばかりに誤解を生じてしまうのは、実に勿体ないと思います。

相手を憎みながら別れて行く事だけは、避けてもらいたいものです。

なぜなら、相手を憎む行為は自分自身を醜くしてしまうからです。

それでも、どうしても分かり合えない場合には、来世に悪い影響を与えないように、お互いに綺麗に離れるべきだと思います。


私も過去に「どうして、こうなってしまうの?」という苦い経験をした事が何度もありましたが、時が経つにつれ自分が成長していく過程において、気持ちが落ち着きだすと気づかされる事があります。

それは、たとえ別れる結果になったとしても、お互いに助けたり助けられたりした事があったわけですから、お互いに感謝を忘れてはいけないという事です。

【喉元過ぎれば、熱さを忘れる・・・】ではいけません!

しかし、残念ながら現実は殆どの場合が、何もなかったかのように忘れ去られてしまうのですから悲しいものです。

もし、どうしてもどうしても相容れられない場合には【引き際】が肝心です!

【飛ぶ鳥跡を濁さず・・・】です。

問題を起こさず、静かに去って行く事が大事です。


そうすれば、次のチャンスが訪れるからです。



私と師匠(十条の先生)との仲を裂いた人との事も、よくよく考えてみれば、私にだって非があるわけですから、相手ばかりを責めるわけにはいきません。

今後の自分の人生を大切にする意味でも、人と人との繋がりを大切にして行く努力が必要なのではないでしょうか!





                            目次へ戻る