私の心の支え

              



私は、べつに特別な人間ではありません。



お酒も好きですし、タバコも吸います。



故に至って普通の人間です。



どうも霊能者というだけで、時々誤解をまねくことがありますので、

ここではっきり言わせていただきます。



私は、霊能者であっても、神様ではありません。



普段は、親しい人々とお酒を飲んで楽しく過ごす

”呑んべェ親父”と言ってもいいかもしれません(笑)



ただ、霊視の仕事が始まれば、霊能者の顔となって、

真剣に取り組むという人間なのです。



私、日宗 至って、フツーの人間です。



ゆえに、迷う時もありました。


そんな 私に、心の支えとなっているものがあります。



それは私が中学一年の時、福島県にある日蓮宗の豊受(とようけ)教会の

阿部 妙龍師 に言われた言葉・・・

「みなさん!将来、この子はすごい人間になりますから、

よく覚えていてください。」



そして、私が25歳の時マッサージの仕事で行った時に偶然出会った

東京・浅草の霊能者 新井田 菊代 師に言われた言葉・・・

「貴方は非常にいい運を持っていらっしゃいます。その運を

もっと良くするには赤い色の物を常に身につけていて下さい。」



そして私が28歳の時出会った十条の先生に言われた言葉・・・

「私が50年間行者として、やってきた中で貴方こそが

私の後継者となる人ですよ。私にもしもの事があった時は、

私の所の神棚等、全て日宗さんにさしあげますからね。」



この三人の言葉が、私の心の支えとなってきたのです。



誰にでも心の支えになっている言葉はあると思います。



皆さんもそれらの事を信じ、自信を持って生きてもらいたいものです。



目次へ戻る