伊勢神宮参拝

              



みなさんは、青森県の真心(まごころ)という日本酒をご存知でしょうか?



この度、青森県出身の霊能者の方から、

その「真心」を贈っていただいたのです。



アルコール度数が少し高めの日本酒なのですが、

とても美味しいお酒でしたよ。



皆さんも一度ご賞味してみてくださいね!



今回その霊能者の方と共に、

4月8日〜10日まで伊勢神宮へお参りに行ってまいりました。



宿泊先については、初めから二見浦の(岩戸館)に決めていたのですが、

その理由はその宿の女将さんが霊能力を持っていて、

私のことを信じてくれるだろうな・・・という勝手な直感からでした。



宿泊先に到着してすぐに、いろんな話をしている時のことでした。



女将さんが「岩戸の塩」を作ることになった経緯を話してくれたのです。



約10年前のある日、夢の中で

「神前(こうさき)神社に来るように!」

という声が聞こえたというのです。



女将さんは、その声に従い神前神社へ向かうと、

今度は別の指示が聞こえてきて

「お前は塩を造りなさい!」

というものだったそうです。



それから後もその声は留まることなく、

その塩の作り方を教えてくださったり、

どこで海水を汲んでくればいいのかまでも詳しく教えてくださったようです。



女将さんが、いろんなことを突然やるものですから、

一時は気違い扱いされたこともあったそうです。



いろんなことがありましたが、めでたく完成したのが「岩戸の塩」なのです。



この岩戸の塩には、ミネラルがたっぷり含まれているため、

血液の流動性を保持し、体の活力を高め、

自然治癒力を助長してくれるそうです。



それもそのはず、

二見の清浄な海水を真心を込めて一杯一杯汲み上げて、

時間をかけてじっくり煮込んでできた手造りのものだからですよね。



この二見ヶ浦は、古くから清渚(きよきなぎさ)と称えられてきました。



その清らかな海浜に倭姫命(やまとひめのみこと)があがられ、

五十鈴川の川上に天照坐皇大御神(あまてらしますすめおおみかみ)を

御奉遷されたことは、広く周知されています。



二見ヶ浦に居処した佐見都日女命(さみつひめのみこと)が倭姫命に

堅塩(かたしお)を献上したことから伊勢神宮の御塩殿神社(二見町)で

堅められた御塩が御料となり、そのような因由(いんゆ)にちなみ、

手造りの塩を奉製し、その名を「岩戸の塩」と名付けたそうです。



この霊能力のある女将さんと青森の霊能者の方そして私の三人の話が

はずんだことは、言うまでもありません。(笑)



とても楽しく勉強になる三日間でした。



この三日間を通して感じたことは、

一つ目は、お参りは、心がけが大事!



心を込めた祈りをしなければ、神様に通じないということ。



二つ目は、神聖な場所には、エネルギーが充満しているということ。



つまり、その場所で腰を落ち着けて、ゆっくりお参りすることが、

とても重要であること。



三つ目は、人里離れた場所(自然のまま残っている土地)にこそ、

大地の力が宿っているということ。(奈良県・御杖神社みつえじんじゃ)



特に以上の三つのことを強く感じました。



いくらお参りの作法や理論・理屈を知っていたとしても、それ以前に

必要なものが「心」なのです。



つまり、真心が育っていなければ、

神様と向かい合うことはできないようです。



修行をしていくうえで、素直な心を持ち続けていくことが、

いかに大事かが分かった気がします。



私と一緒に行ってくれた皆さん、

そして岩戸館の女将さんに心から感謝致します。



祈りというものは、とても自分勝手なものです。



自分の都合のいいように神様にお願いするのですからね。



神様もたまったもんじゃないはずです。



私たちの祈りのほとんどは、自分たちのわがままだと思います。



わがままを通そうとするのは、子供と同じです。



いい歳して、いつまでもわがまま通すようじゃ進歩がないですよね・・・



いつまでも我を張ったり、

わがままを通すようじゃ本当の修行者とは言えないような気がします。



すべての結果を神様に委ねて生きてこそ、

その信仰あるいは修行というものが生きてくるように思います。



我々は未熟な人間ですから、自分の願望を神様に伝えようとすることは、

しかたがないことなのかもしれません。



しかし、最終判断を下されたときには、

その結果に対して素直に受け止めてもらいたいものです。



人というのは、受け止め方ひとつで見方・考え方が変わります。



何が起きても、それはすべて神様の計らいであり、

それに従って生きてこそ本当の生きる道が開けると思います。



そのように思えるようになれば、すべてのことに対して

「ありがたい!」

という気持ちが沸いてくるのではないでしょうか。



天気が良くなることばかりが、ありがたいわけではありません。



雨もまた、ありがたく、雪もまた、

ありがたいと思えるようになってくるはずです。



とにかく、素直な心・真心というものが、

いかに神様に通ずるものなのかがわかった! そんな三日間でした。



本当にありがとうございました。



目次へ戻る