人間の質





皆さんは「あいつは、性質(たち)が悪いから気をつけろ!・・・」というような言葉を映画などで耳にした事はありませんか?

人は十人十色で様々な性格を持って生まれて来ています。



『自分さえ良ければいい!』と思って生きている者もいれば、常に『他人の事を思いやって』生きている者もいます。



下照大御神様は【受けて忘れず、施して言わず】という生き方を常に実践しています。

私はいつも素晴らしいと感じています。


皆さんは、映画「タイタニック」を観た事がありますか?

私はこの映画が上映された当初は、単なる恋愛映画だとばかり思って敬遠していたのですが、妹に是非ビデオを観てと薦められ、それからなんと13回以上も観ています。

あの映画では、恋愛を超えた人間愛の大切さと【人間の質】というものを考えさせられました。

まだ観ていない人は、是非一度ご覧になってください。

究極の時というのは【人間の本性】が出て来るものです。



我先に救命ボートに逃れようとする人、他人を押し退けてでも救命ボートに乗りこみ生き延びようとする人、静かに最期の時を迎えようとする人、そして最後の最後まで乗客の事を想い演奏し続けた楽士のような人・・・本当に様々です。


あのタイタニック号が沈没する際には、最優先に救命ボートへ誘導されたのは経済的に裕福な一等船室の人たちで、三等船室の人々などは後回しにされ多くの方々が亡くなられたようです。

本来【命の重み】に一等も三等もないわけですから、一人でも多くの方々を救命ボートへ乗せるという選択をして欲しかったと思います。

【命の重み】・【人間の質】に貧富の差などありません。


今の世の中は『自分ファースト』だとか『自国ファースト』が叫ばれています。

こんな世の中だからこそ、私たちは【人間の質】を高める教育が必要であり、自分を研いていく努力が必要だと感じます。


来世においても神様に愛され、生かされる人生を歩めるように、自分を育てていく努力が重要だと思います。


仮に、この世で不本意な死に方をしたとしても、その死に方が誰かを生かすためのものであれば、無駄死にではありません。

その生き様は必ず来世で生かされるからです。

是非、私たちは来世に繋がる生き方をして行きたいものです。


 
 
 
 

                              目次へ戻る