自分自身を見つめなおす・・・




「あんなに立派な両親に育てられたお子さんなのに、

どうしてあんな残虐な事件を起こしてしまったのでしょう?」



そんな言葉を耳にすることがあります。



確かに子供の肉体は、ご両親の遺伝によって授かるものですが、

魂というのは、時として両親とは全く関係のないものが入ってしまっていることがあるのです。



それゆえ、理解に苦しむような事件が起こるわけです。



また、私達は自分の意思で生きていると思っている人が多いと思いますが、

これもまたそうではありません。



実は、目に見えない大きな力によって【生かされている】のです。



この大きな力を、神・仏と言ってもいいでしょう。



どんなに成功哲学を学んで実践したとしても、

その通りにうまくいくとは限りません。



なぜなら、同じ目標を持っている人間は、自分ひとりではなく数限りなくいるからです。



そして何かをやる場合には、必ず相手がいるわけですから、

自分の思い通りに行くことの方が、むしろ稀なのです。



そしてまた、この世において、これが自分のものだ!

と主張できるものも、ほとんどありません。



世の中には、彼女を愛するあまりに、誰にも渡したくないという思いから殺してしまった・・・

というような悲劇的な事件が起こることがあります。



これは、本当に思い違いも甚だしいとしか言いようがありません。

自分勝手にもほどがある! というものです。



自分の体だって、自分のものではないのですから、他人の体はなおさらです。



すべて神様・仏様からの預かりものなのですからね!



だから当然、自分の子供と思っている、

その子供でさえ自分のものではないのです。



ゆえに、子供の虐待など決して許されることではありません。



すべて授かりものであり、この世においての一時的な預かりものなのです。



だから、自他ともに大切にしなければなりません。



残虐な事件についてですが、

これは前世の係わり合いによって生じる場合があります。



生まれ変わりについては、前世において、その人物がどのような生き方をしてきたか、

どのような思いで生きてきたかという事が深く関わってきます。



たとえば前世において、憎しみあった間柄であった場合、

何かのはずみで、前世の記憶が甦り、今世においても同じ様に憎しみあったり、

復讐しあったりを繰り返えすことがあります。



ですから、現世での親子関係は遺伝的な問題よりも、

前世での関係が、どのようなものであったのかが重要になってくるのです。



そういうことですから「うちの子に限って、どうしてあんな事をしたのだろう?」

というような事が起きてしまうのです。



例えば、前世において自分が大量殺人を犯していたとします。



人間は生まれ変わると記憶を失ってしまっていますから、

まさか自分がそんな大それた事をしたなどとは思いもしないでしょう。



しかし、何をやってもうまくいかないような人は、

一度相談(霊視)を受けてみるのもいいかもしれません。



もし、自分が前世で大量殺人などをしていた場合には、

何度生まれ変わったとしても、自分の思い通りには生きさせてはもらえないことが多いのです。



たとえ死んで償おうとしたところで、その罪はそう簡単には許されません。



どんなに悔やんだところで過去の罪を消すことはできませんので、

いつか必ずその罪を償わなければならないのです。



罪を犯した人間というものは、たとえ死んで償ったとしても、

どこかの時代で、何度でも罪を償わない限り永遠に救われないのです。



特に前世などで、重罪を犯している人などは、

この世において、どんなに努力したとしても、
 
いつもなんらかの妨げにあい、

うまくいかない事が多いのです。
 
 
今、イジメや先生&生徒との確執が原因となり、
 
【不登校】になっている生徒の事が問題になっておりますが、
 
弱者を守るという立場は大切ですが、
 
私は【不登校】になっている生徒側にも問題があると思えます。



そういう人は、一度霊能者に視てもらい、

何が原因しているのかを究明してもらったうえで、

適切な対応をすることが必要かもしれません。
 
 
 
私は【一年間の三輪山修行】の後に、
 
『人を支援する場所(誠の会)』を京都に開設した事がありました。
 
 
しかし、そこでは不思議な現象がおこりました・・・。
 
それは支援されている者が自立するための努力をせずに、
 
サポートする側が心身ともに苦しみ、
 
さらに財政破綻してしまうという事に至りました。
 
 
なぜなら、サポートする場所を維持するだけでも、
 
毎月約30万円~約35万円も経費が掛かっていたからです。
 
 
本来なら、【不登校】の生徒をサポートするなら、
 
場所も経費も殆ど掛からない≪お寺≫が相応しいと思うのです。
 
 
僧侶は仏教の教えと共に【不登校】の生徒のカウンセリングを行う・・・、
 
これほど相応しい所はないと思うのですが、
 
そういう人間に限って大切なことをやろうとしないのです。
 
残念ですね!
 
 
この世は因果応報の世の中です。

もしも【イジメ】や【不登校】になる生徒の原因が前世(過去世)にあるとしたら、
 
自分自身を見つめなおす事も重要だと思います。
 
 
過去の過ちは、今世で清算すればいいのです。

そうすることによって、自分の魂が癒され、

自分の望む道が開かれるのですから、

今世での生き方が非常に大切になってくるわけです。



前世においては【殺人鬼】だったのであれば、

今世においては【人を活かす】生き方をして行けば良いのです。



人を幸せに導くような生き方をしていけば、

いつか必ず罪が赦されるときが来るものです。



言葉は悪いですが、前世での借金を今世において、少しずつでも返済して行けば、

いつか必ず借金を完済することができますからね!



辛くてもあきらめずに、

過去の過ちを繰り返すことのないように生きて行くことが大切です。





                           


               もどる