滅びゆくもの





「家が絶えてしまう!どうしたらよいでしょうか?」

という相談を受けることがあります。



本人にとっては、とても悲しいことでしょう。



しかし、このようなことが起こるには必ず原因があるものです。



原因があるからこそ、結果が生じるわけですから。

その家が絶えてしまう原因として第一番に考えられるのは、

御先祖様が他人に対して怨まれるようなことをしている場合です。



例えば、他人の命を奪ってしまったとか、他人の人生をメチャクチャに

してしまったなどが考えられます。



霊視をすれば、その原因はすぐにわかります。



しかし、このような方法に縁のない一般の方には、

この因果関係はなかなか理解できないことでしょう。



「養子をもらえばいい!」などと、

安易に考えている方もいらっしゃるようですが、

一時しのぎに家系を繋いだとしても、

原因となっているものが解決していなければ、

たとえ養子縁組をしたところで、またすぐに途絶える結果となるものです。



どうしても絶やしたくないのであれば、霊視を受けて原因をさぐり、

根本から解決させる方法を取っていくのも、いい方法かもしれませんよ。



そういうことも面倒と思うならば、流れに逆らわず静かに滅んでいくことが

一番いいと思われます。



この世は、いつまでも同じ状態でいることは難しい「諸行無常」

なのですからね。
 
 
 

                                目次へ戻る