霊能者 日宗の寝言☆法事は必ず祥月命日に☆霊能者の開運霊視

霊能者 日宗の寝言

法事は必ず祥月命日に

最近は週休二日制になり、祝祭日も増えてきたせいか、法事の日を決めるに当たって、
出席してくださる方の都合に合わせて休日の日に決めることが多くなりました。
 
でも、本当にそれでいいのでしょうか?
 
ここでちょっと考えてみてください。
 
祥月命日というのは一年に一度しかありません。
 
「祥月命日」とは、故人が亡くなった日であり、「故人を思い出す日」でもあるのです。
 
大切な人をなくした時のことを思い出させる大事な日だからこそ、
あえてその日に法事をするべきなのです。
 
亡くなった今でも、故人に対して感謝の念があるのなら、
仕事を投げ出してでもお墓参りや法事に行こうと思うものです。
 
そして遺族の方も、平日であろうと大晦日であろうと、
来てくださる方々の姿を見ることによって、故人の徳を感じることができると思うからです。
 
だからこそ、法事はぜひ祥月命日にしてくださいね。

▲このページのTOPへ

【霊能者 日宗の寝言】へ戻る