霊能者の寝言☆努力をしても良い結果がでない人へ☆霊能者の開運霊視

霊能者の寝言

努力をしても良い結果がでない人へ


皆さんの中には

「自分としては、他人よりずっと努力している筈なのに、

なぜか思うような結果が得られない?」

と思っている方がいるのではないでしょうか?

 
私は十数年来、霊視にたずさわって感じてきたことなのですが、

優秀な人材にもかかわらず、

幸せになっていない人がけっこういることに気付かされることがあります。

 
それらの人々のほとんどは、過去世からの呪縛(じゅばく)によって

思うようにいかない人生を送っていることが多いようなのです。

 
おそらく、気に入らない相手に対して呪縛をかけたり、

かけられたりしていたのではないかと思います。

 
それは平安時代以前から行なわれていたのではないでしょうか?

 
たとえば、憎い相手を呪ったり、

目の上のタンコブのような目障りな人を 呪ったりしていたのではないかと思うのです。

 
私は私なりの方法で、その呪縛を解いているのですが、

呪縛を解かれた人のその後の人生は、とても良い人生をおくっているようです。

 
それと話が変わるのですが、

たとえば、

「私はおじいちゃん子、あるいは、おばあちゃん子だ!」

ということを耳にすることがあると思いますが、

もし、可愛がってくれたおじいちゃんのお墓参りをせずに、

自分を嫌っていたおばあちゃんの方にばかり、

お墓参りに行っていたとしたらどうでしょう?


当然こちらの思いに応えてくれるとは思えませんよね・・・。
 
場合によっては「うっとうしい!」と思われているかもしれません。

 
お墓参りをする際には、

まず自分を可愛がってくれた人が眠っているお墓からお参りしていくのが良いでしょう。

 
次に、

自分を嫌がっている方たちが眠っているお墓へ行くといいと思います。

 
何度も繰り返しお参りしていけば、

いずれ努力が報われ分かってもらえる日が必ずくる筈です。

 
できれば、お墓参りは、

自分に関係している所をすべて行ってもらいたいところですが、

なかなかそうもいきませんので最低でも父方・母方の4箇所くらいは

行ってもらいたいものです。

 
その中でも特に、自分を可愛がってくれた人のお墓には、

特別な日に限らず、普段から行ってください。

 
そうすることによって、人生の流れが次第に変化していきますからね!

▲このページのTOP

【霊能者の寝言】へ戻る