苦言がありがたい


禅の僧堂では、
 
   知って問うは、当たり前

   知らずに問うは、馬鹿

   知らずに問わずは、わしゃしらん
 
という言葉があります。
 
知っていて質問することが、良い!とされているのです。
 
30才を越えてくると、
知っていて当たり前ということが多くなってまいります。
 
それゆえ、知らない事を他人に聞くのが
恥ずかしくなることがあります。
 
まったく馬鹿馬鹿しい話ですが、
要らぬプライドとしか言いようがありません。
 
この要らぬプライドのために
陰でクスクスと笑われてしまうのですから・・・。
 
だからこそ、
あえて苦言を言ってくれる人が、とてもありがたい存在といえるのです。
 
今の日本人は、他人の子供を本気で叱ってくれるような人が
少なくなってきました。
 
これは本当に残念なことだと思います。
 
当然のことながら、今の時代は他人の子供を叱れば、
余計なお世話とばかりに嫌われてしまうのは必定なわけです。
 
そこをあえて言える強さを持った人が少なくなってきたことが、
日本人を駄目にしてきたのだと思います。
 
私の周りには、
この苦言を言ってくれる人がいるということが嬉しいですね。
 
それが私の誇りでもあります(感謝・感謝)。
 
私はそういう人を、一生大切にしていきたいと思っています。





                          目次へ戻る