霊能者 日宗の寝言☆良かれと思ってしたことが☆霊能者の開運霊視

霊能者 日宗の寝言

良かれと思ってしたことが

生きていると、自分では良かれと思ってしたことが、
仇になってしまうということが良くあるものです。
 
人にはそれぞれ、幸運をつかむための必要な神社・仏閣・ラッキーカラーなどがあります。
 
それは、人の顔が皆違うように、親子・兄弟であっても異なることがあるのです。
 
その事を知らない人は、つい「あの神社は、とっても霊験あらたかなので行ってみましょう。」 とばかりに、
誰かまわずに連れて行ってしまうことがあります。
 
しかし、これらの行動は、徳を積むどころか、かえって徳を失ってしまうことになる場合があります。
 
それは、たった一人でも、観光気分や遊び半分できた人を連れて行ってしまうと、
自分自身の大切なお参りがおろそかになってしまったり、連れられて行った人にとっては、
つまらないものになってしまったりするからです。
 
また、連れて行った本人にとっては、良い神社(場所)であっても、
連れて行かれた人にとっては、前世での敵方の守り神だったりすると、
逆に運気を下げてしまうことだってあるからです。
 
お参りは、人それぞれに行く場所が違いますので、決して家族旅行感覚で行くべきではありません!!
 
またラッキーカラーにしても、例え今年の流行色が赤だったとしても、
もし自分が源氏の末裔であるとしたならば、赤色は敵方の色なので、
やめておいたほうがいいのは言うまでもありません。
(源氏は白旗を持ち、平氏は赤旗を持って戦ったようですからね。)
 
結局、自分にとって良いからといって、相手にとっても良いとは限らないので、
よくそこのところを考えて行動しないと、自分の首を絞めることになりますからご注意ください。

▲このページのTOPへ

【霊能者 日宗の寝言】へ戻る