悔悟して介護





10月から全国行脚をスタートさせるにあたり、

私はその報告を兼ねて福島の父と一緒に食事をしながら、

ゆっくり話そうと思い実家へと向かいました。



その時はもうすでに父は酔っていたのですが、

久しぶりの父子の酒盛りとあってよほどうれしかったのか?

私の知らないうちに、千鳥足で茶飲み友達を迎えに行ってしまっていたのです。



私が小学校時代の友を連れて実家へ戻ってみると、

何やら我が家の周囲が騒々しいのに気づきました。



耳を澄ましてみると、家の前にある深さ150pもあろうかという川の中から、

うめき声のようなものが聞こえてくるではありませんか・・・



もしやと思い、車のライトを照らしながら近づいてみると、

父が頭から血を流し倒れていたのです。



すぐさま、私は川に飛び込み痛がる父を抱き上げ、

川の渕に押し上げました。



握力の低下している私が持ち上げてしまったのですから、

まさに“火事場の馬鹿力”とはこのことを言うのだろうと思いました。

(実は、その当時ほとんど握力がなかったのです。)



父はショックのあまり、気が動転しているようでしたので、

とにかくぬれた服を着がえさせ、病院へと向かいました。



幸いにも友人がいてくれたおかげで

スムーズに病院へ運ぶことができたのです。



なぜ友人がその病院について詳しかったかというと、

彼の父の最期の時も、この病院の夜間診療口を使っていたからだったのです。



何という偶然か?

私はただただ友人に感謝するのみでした。



私は、頭(額)を4針も縫う傷をおいながらも、

スースーと寝ている父の顔を見ながら、いろんなことを思い出しました。




私はこの父に、

小さい頃からとても可愛がられて育てられてきました。



父は私が何かで活躍すればするだけ喜び、

他人に自慢するような人でした。



しかしその反面、少しでも腑甲斐ない結果を出そうものなら、

家に帰った後、父に「あ〜でもない !こ〜でもない!」

と必ず苦言を言われますから、家に帰るのがとっても嫌だったものです。



今思えば、これも父の愛情だったのでしょうね。



大学受験の時は、ほぼ内定していたにもかかわらず、

父が突然病で倒れたことにより、大学進学をあきらめざるをえなくなり、

自衛隊へ入隊することになりました。



それからというもの、私の人生において、

この父が私の最大の壁となっていったのですから、人生とは不思議なものです。



可愛い息子のはずなのに、

息子の夢をつぶして行く・・・そんな父だったのです。



今、その父の寝顔を見ていると、いろんな事はあったけれど、

この私を育ててくれたのは、間違いなくこの父なのですから・・・

今度は私が、この老いた父を何とかする時なんだなぁ〜と思いました。



医師から「頭の消毒は毎日やってくださいね!」と言われたこともあり、

私の住む千葉県柏市へと連れて来たのです。



初めは、アル中が最大の問題点かなと思っていたのですが、

それ以上に深刻だったのは父のボケでした。



今、食事中の人がいたらごめんなさい・・・



父は糞尿をしていても気付かないくらいに、

ボケ始めていたのです。



福島の実家が異臭まみれだったのは、これが原因だったのです。



柏に着くなりすぐさま、着てきたものを全て捨て、

お風呂で頭の毛やヒゲを剃り、体を洗い流し新しいものに着替えさせました。



本人もかなりさっぱりした様子でしたので、

とりあえず、焼酎を半分ずつ分けて飲みました。



どうも一杯やらないと落ち着かないようで、

その一杯がでるまでは何やら、じっとこちらを見つめているのですから

笑ってしまいます。



とにかく、足腰が立たないほどにやせ細ったあげく、

立ち上がることもできないような体になってしまっていたので、

まずは食べる事を最優先にし、

精神安定剤のかわりの焼酎を一杯やって寝てもらうことにしたのです。



なんとか食べられるようになり、足元がかなりしっかりしてきた頃、

今度はおもしろい行動が目立ち始めました。



私が夜、月刊誌の原稿を書いている時のこと、

父がトイレに行ったかと思ったら、

帰るところが分からなくなってしまったらしく、部屋に戻ろうと、

鏡の中に入ろうとして痛い頭を何度もぶつけては、不思議そうな顔をしているのです。



私は「お父さん、何しているの?」と言いながらも、

おもわず笑ってしまいました。



そうかと思うと、台所で仕事をしている妻を見て、

「誰かあそこ(冷蔵庫の前)で商売しているのか?・・・」と不意に言ってみたり、

またある時は、ポットをじっと見ていたかと思ったら、

「これはいったい何だい?何であるんだ?誰が持ってきたんだ?」と言って

ポットの後ろ側を一生懸命いじったりしているのです。



これまたおかしくなって笑ってしまいましたが、そんな父を見て、

父は天使になったのだなぁ〜と思いました。



やることは、とてもおかしいけれど、

これが病気だと思うと怒る気にもなれません。



糞尿をしても、きれいに洗えばいいだけなのですから・・・



親子水いらず、チンチン丸出しで、

お風呂に入るのも小学校4年生以来ですから、おかしなものです。



何か変ですが、今ようやく父と人間らしくふれあえるようになったかと思ったら、

気持ちが楽になりました。



結局父がボケた原因は「さびしさ」だったのでしょう。



約30年間再婚もせず、たった一人で生きてきたのですから、

私の想像を超えた「さびしさ」を感じながら、それに耐えて生きてきたのだと思います。



寂しがりやの私には、ただ ただ頭がさがる思いです。



私も父の強さに負けぬくらいの男になりたいものです。




また、ある時のことです。


庭を見て(花など一輪も咲いていないのに)

「白い花が咲いているんだなぁ〜」と、突然言ってみたり、

ティッシュの箱をじっと見つめていたかと思うと「うん、うん」と、うなずいてみたり、

我が家の天使はとてもおもしろいです。



この天使を、私はこれからもずっと大切にしていこうと思っています。



父さん 長生きしてくださいね!







ホームへ 霊能者の寝言・もくじへ このページのTOPへ