お盆のすごしかた





日本の八月と言えば、一般的にはお盆の季節です。


(七月に行うところもありますが・・・)


お盆は正式には
盂蘭盆会うらぼんえと言って、

釈迦の弟子の目連が、餓鬼道に堕ちて苦しむ母を救うために、

釈迦の教えに従って七月十五日に供養の法会を行ったことが起源とされる

日本の代表的な仏教行事のひとつです。



先祖並びに亡き人を偲び、


精霊棚
しょうろうだな
を作り、

迎え火を焚いて亡き人を迎えるわけです。



この精霊棚には、

季節の果物や野菜を基本にして、

花やご飯、餅、団子、そして

故人の好物など供え、

祖霊などの送迎用として茄子やキュウリに

竹の足をつけて牛や馬を作るのです。



迎え火は、十三日の夕方に家の門口で火を燃やし、

祖霊などを家に迎え入れるものですが、

古くは墓前の線香の火を家に持ち帰ったものだと言われています。



盆提灯や盆燈籠も、この迎え火のひとつだそうです。



また盆踊りは、帰ってきた祖霊を供養し迎えた喜びを表現する踊りで、

死者の往生安楽を祈りながら踊った「念仏踊り」が起源と考えられています。



そして十五日の夕方になると、送り火を焚いて死者を送り出すわけなのですが、

できるだけ長く祖霊や愛しい人と一緒にいたいと思う気持ちから、

夜遅くに送り火を焚く家も少なくありません。



なんだか暖かい気持ちになりますよね・・・



また、京都で有名な大文字焼きもこの送り火のひとつなのです。



そして盆行事の最後を締めくくるのが、あの精霊流しです。



ちなみに、さだまさしさんの「精霊流し」は

私の持ち歌のひとつです。(失礼しました、笑)



日本の伝統的なものも、時代と共に様変わりしてきましたが、

日本人の心意気みたいなものは失いたくないものですよね。  



合掌







ホームへ 霊能者の寝言・もくじへ このページのTOPへ