霊能者の寝言☆仮説☆霊能者の開運霊視

霊能者の寝言

仮説

今、世界では遺伝子組み換えやクローン(複写・・・コピー)牛などの研究が行なわれています。
 
おそらく、クローン人間なども作られていることでしょう。

 
そこで一つ仮説を立ててみようか?と思います。

 
科学者の皆さんは魂のことを言うと笑うかもしれませんが、
もしこの世に魂(生命体)などというものが存在しないとしたならば、
クローン人間(複写された人間)というものは、全く同じ遺伝子で作られているわけですから、
当然同じことを考え、同じ行動をすることになるわけですよね。

 
同じ環境で、同じ条件のもとで育てられた場合、
いろんなテストをしても同じ結果が表れ、
時には同じ人物を好きになるということも現実に起こってくるわけですよね?

 
飛躍した考えですが、例えば全く同じ核実験を行なえるクローン人間を
敵対する国同士で同じクローン人間を一人ずつ確保した場合、 世界はどうなってしまうのでしょう?

 
双方の国で核を保有することになってしまうのでしょうか?

 
私が実験しているわけではないので何とも言いようがないのですが、
私の立場から言わせていただけるのなら、人間がこの世に生まれるには、
精子と卵子の結合の他に魂(生命体)が加わらなければ、 絶対に生命は誕生しないと思うのです。

 
例えば、不妊症の方が高額なお金を出して 体外受精などを試みることがありますが、
なかなか受精しないのが現実です。

 
これは、いかなる理由なのでしょうか?

 
理屈から言えば、ある条件のもと精子と卵子を結合させれば受精するはずです。

 
それが、そう簡単にいかないのは、
何か別のものが加わらなければ受精しないからなのではないか? と思うからなのです。

 
私はそれが魂(生命体)だと思っているわけです。

 
だから同じクローン人間であっても、それぞれに違う魂を有しているはずなので、
片方は核爆弾を作ったとしても、 もう片方は、作らない場合もあるのではないかと仮説を立ててみました。(笑)

 
くだらない話に最後までつきあっていただきありがとうございました。
 
 
 

▲このページのTOP

【霊能者の寝言】へ戻る