霊能者の寝言☆大金を取る占い師(霊能者)を疑え☆霊能者の開運霊視

霊能者の寝言

大金を取る占い師(霊能者)を疑え


霊視や占いなどで、大金を要求されることがあるようなのですが、
それを必要としているのは「神の名」を騙(かた)り、
人をだましてお金や品物をまきあげる「ただの人間」なのです。
 
神様というのは、お金とは無関係の世界にいらっしゃいますので、
神様にとってのお金などなんの意味もなさないものです。
 
「何百万円のお祓いをしないと効き目が無い」だとか、
「神様に何百万円奉納しないと神様は喜ばない」などと言うような
霊能者や占い師のもとに、神様が来てくださっているわけがないのです。
 
ましてや「ここに来なくなると、どんどん運気が下がりますぞ!」 と、言うような所になど
神様がいるわけがないですから、行く必要などありません。
 
昔、霊能者 宜保愛子さんの所へ行って霊視を受けるためには、
30万円が必要だという話がありましたが、あれは嘘だと思いますよ。
 
仮にそういう話があったとしたら、真意は 「いいかげんな人が来ないように」とか
「真剣な人が来るように」 といったことがあったのだと思います。
(私の場合も以前にそういう目的で値段を上げたことがありましたから・・・)

ま、噂はどうであれ、とにかく行ってみれば真実がわかるわけですから、
「この人だ!」と思ったら会ってみればいいのです。
 
おそらく本物の霊能者は30万円など取らないと思いますよ(笑)
 
私の師匠もそうでしたが、本物は必要以上にお金など取らないものです。
 
繰り返して言いますが、 霊能者の所へ行って何度かお祓いを受けたあとに、
大金(50~100万円)を払って、守護してくださる神様をつけてもらうという話を
よく耳にします。
 
私から言わせれば「え?・・・」という感じがしますね。
 
神様というのは、お金とは関係ない世界におられるのですから、
いくらお金を積んだからといって、神様がついてくださるわけがないのです。
 
神様というのは、本人が努力して汗水流して、
真剣に神様と向かい合うことによって、神様が認めてくださるわけですからね。
 
そうなってこそ「あなたには、○○神様がついていますよ!」ということになるのです。
 
本人の努力なしに神様がついてくださるわけがありません。
 
お金や物で左右されるとしたら、それは野狐(やこ)か悪魔だと思います。
 
神様や仏様は見返りを期待しないものですからね。
 
真剣に努力している者に力を与え、守ってくださるのです。
 
神様や仏様は、本人の「心」を見て判断するものです。
 
下心がある者などに決して力を与えたりしません。

そこの所をよく覚えておいて下さいね。
 
 
 




▲このページのTOPへ

【霊能者の寝言】へ戻る