霊能者の寝言☆霊能者と共に生きようとする人は【弱い人間】だと思いますか?☆霊能者の開運霊視

霊能者の寝言

霊能者と共に生きようとする人は
【弱い人間】だと思いますか?

皆さんは、霊能者を頼っていくような人は【弱い人間】だと思いますか?



私は決してそうは思いません。



私はむしろ神様・仏様の≪導きの声≫を聞く事ができる【霊能者】と共に生きることの方が、
賢明な生き方だと思っています。



なぜなら、神様・仏様から智慧をいただき、
道を明るく照らされながら生きていけるのですからね。



そのありがたい神様・仏様を信じることなく、自分の力のみで生きようとする人は、
まるで暗闇の中を≪ともし火も無く≫歩いていくようなものです。



目に見えるものしか認めない(信じられない)ような人は、
心が狭いと思いますね。



自分の力のみを信じて生きている人というのは、 知らず知らずのうちに偏屈になり、
傲慢になりやすいものです。



つまり【自我】が強くなっていくのです。



人間はこの【自我】を捨てて、
素直な心で生きていく事が大切なのですがね・・・。



人というのは、
自力(自分で努力すること)と他力(神様・仏様からのパワーをいただく)の両輪によって、
心と体のバランスが安定してくるものです。



このバランスを保つためには、強い信念が必要です。



「霊能者と共に生きようとする人は【弱い人間】だ!」 と言う人がいますが、
それは反対だと思いますね。



神様・仏様の≪導きの声≫を聞く事ができる【霊能者】と共に生きるというのは、
弱い人間には到底無理だからです。

▲このページのTOP

【霊能者の寝言】へ戻る