霊能者の寝言☆なぜ神社や霊山を【お参り】するのか?☆霊能者の開運霊視

霊能者の寝言

なぜ神社や霊山を【お参り】するのか?

なぜ、神社・仏閣や霊山などのパワースポットを【お参り】をするのか?



それは、五感を鋭くさせるためです。



慣れとは恐ろしいもので、ずっと東京にいると、
東京の持つ ≪独特の臭気≫ に気づかなくなってしまうものです。



つまり、五感が鈍ってしまうのですよね。



自然環境の良い所(神社や霊山)へ行った後に東京に戻って来ると、
この五感が鈍っていたことに改めて気づかされます。



五感が鈍くなると、
感覚にズレが生じますから【勘が働かなくなる】のです。



この【勘が働かなくなる】状態でいると、咄嗟の危険を察知することが出来ませんから、
生きていく上では非常に危険になります。



何かにたとえて言うなら、
自動車が壊れた信号機を頼りに交差点へ進入するようなものです。



どんな世界でも成功を遂げている方々というのは、
努力して努力して努力した後に、この【勘】を頼りに勝負していくわけです。



私はこの【勘】を働かせるには、
まず五感を磨く努力が必要だと思っています。



この五感を働かせる為の手段として有効なのが、
自然環境の良い『神社・仏閣や霊山などのパワースポット』を【お参り】をすることなのです。



ただし、ここで注意してほしいのは、自分自身の体力や気力の限界を超え過ぎてしまうような
《ハードな計画》 は出来れば避けて頂きたいということです。



どんなに良い所へお参りする場合であっても、行けばいいというものではありませんから、
無理があるようでは、決して良い結果を得る事ができないのです。



疲れきった状態での【お参り】は、五感を働かせる事ができませんから、
【お参り】自体が無意味になってしまいますので、
体調を整えた上で無理のない【お参り】を心掛けてください。

▲このページのTOPへ

【霊能者の寝言】へ戻る