不思議体験




この話は以前、あるお寺に行った時に

日蓮宗の信者さん達と共に観音経をあげている時の出来事です。


30分以上繰り返し観音経をあげているときのこと、

一人のおばあさんが突然何かにとりつかれたかのように

話をし始めたのです。



「私の母の前世は、ここにいるAさん(私のことです)の

お寺へ熱心にお参りに行っていた信者でした。


Aさんのお堂には観音様がおまつりしてありまして、

Aさんは熱心にお経を唱えているお坊さんでした。


私の母は、そのAさんに惚れてしまい、

何とかして振り向いてもらいたいと思ってお堂に通っていたのですが、

一向に気付いてもらえないことに腹を立て、

Aさんがまつっていた観音様を

持っていた斧で頭からまっぷたつに割ってしまったのです。


だから私は、Aさんに対していつか必ず、

母の代わりに観音様を奉納してお詫びをするつもりです・・・」


と、当時はあまりにも突然のことでしたので、目の前で起こったことが理解できませんでした。



あれから8年以上経った今、私のところには、あるお寺のお坊さんから頂いた

身長170cmもあろうかという観音様があるのですから、

そのことを考えると、あのおばあさんが言っていた話もまんざら、でたらめではなかったのかな?

と思えてなりません。



このように神・仏を信仰(神仏などを心から敬って信じること)していると

普通ではありえないだろうと思われることが度々起こるものです。



皆さんも視野を広く持って、普通では考えられない人生の醍醐味を味わってみませんか?



きっと楽しい人生になると思いますよ。





ホームへ 霊能者の寝言・もくじへ このページのTOPへ