霊能者の寝言☆前世の生き様が今に・・・☆霊能者の開運霊視

霊能者の寝言

前世の生き様が今に・・・

霊視では、
神様から見て相談者にとっての『今』必要な事柄が出てまいります。



そのため、相談者の方に、
「前世のことが知りたいのですが・・・」と言われても都合よくいかない場合があります。



ここが霊視の面白いところです。



これは、神様から見て相談者にとっての『今』解決しなければならない、
必要性の高いものが表わされるからのようです。



霊視をしていると、
その時々で先祖の事や相談者の過去の出来事や未来の姿が視えてきます。



その中でも、特に前世の内容には驚かされることがあります。



霊視で前世の姿が現れてきた場合、
恐ろしいほどに今世の現状と酷似こくじしていることがあるからです。



これは、前世で越えなければならなかった事柄を、
今世で越えるために前世と同じ生き方をさせられているのかもしれません。



たとえば前世で、人にしいたげられながらも生きなければならなかったために、
その生きるための手段として、自分を守るために嘘をつきながら生きていたとします。



そして、ついに人を信じられないままに亡くなってしまったりしていると、
その人は、今世でも人を信じきれない傾向があり、
そのために、無意識のうちに自分を守ろうとして、つい嘘をついてしまうことがあるようです。



たとえ前世や今世で、人に虐げられた生き方をしてきたからといって、
他人を陥れるような詐欺的な嘘をついていいわけがありません。



これでは、人間としてどうかと思いますし、
魂としても更にレベルを下げてしまうことになりますからね。



『生まれ変わり』というのは、
前世の魂を癒しながら、自分の魂を向上させるためにあるのです。



とにかく、自分の人生に負けないでたくましく生きてほしいものですね。

▲このページのTOPへ

【霊能者の寝言】へ戻る