霊能者の寝言☆人生いろいろ・・・☆霊能者の開運霊視

霊能者の寝言

人生いろいろ・・・

私の父が認知症になる前に、柴又の帝釈天へ一緒に行ったことがありました。



帝釈天の参道を歩いている時のことです。



何を思ったのか急に、父が網代笠をかぶった僧侶の人形を見て、
「お前は、小さい頃からお坊さん(僧侶)になりたい!と言っていたっけな・・・これは、お前の姿だ!」
と言ったことがありました。



私が僧侶になることを、ずっと反対し続けていた父が今更なにを言っているのだろう・・・?
と思ったものです。



それから数年後、私が31歳の時に再び僧侶になれるチャンスが訪れました。



私に十一面観音様をくださったご住職様のお導きにより、
仏教系の短大に入学することができたのです。



それからというもの、私は僧侶になったら必要になる書籍を買い集め、
それこそ僧侶になるために、私は一生懸命でした。



しかし、人生とは皮肉なもので、今度は在学中に妻の実家の父が末期癌であることが分かり、
結局、3ヶ月で岐阜の仏教系の短大を中退することになってしまいました。



私が僧侶になるために残された道は、
毎年行われる『夏の安居会』に参加し続けることしかありませんでした。



『夏の安居会』に参加しながら、最低限の僧侶の資格は頂けましたが、
私は完全に不完全燃焼でした。



私の修行したいという思いは消えず、
その後、今度は『羽黒山の山伏修行』に参加してみたのです。



自分なりに一週間断食をしながら、山々を駆け巡り修行する山伏の修行は、
私の進むべき道を照らして下さいました。



もし、あの時『羽黒山の山伏修行』に気づかずに、僧侶で居続けていたならば、
僧侶には何かと制約がありましたので、今のように神道の事も修験道の事も、
そして『霊』の事も勉強できなかったことでしょう。



それを考えると、私は僧侶を辞めて本当に良かったと思っています。



狭い了見では、
物事の本質は見抜けませんからね。



今、家の中には手付かずになっている仏教書がたくさんあります。



仏教書というのは、医学書と一緒でとても高価なものです。



今となっては「よくまぁ〜、集めたものだ!」と思います。



これも、私に必要な回り道だったのだと思っています。



一昨日、母方の伯母から
「哲雄さん、世の人々の為に施しを・・・」 という色紙が送られてきました。



その言葉を胸に刻みながら、私はこれからも精進していきたいと思っています。

▲このページのTOP

【霊能者の寝言】へ戻る