辻説法ならぬ自宅説法




辻説法とは、道端で通行人に説く説法のことをいいます。


大昔は有名なお坊さんが布教(宗教を広めること)のために、

よく行なったものですが、今は皆無に等しいですよね。



そう言えば、私が子供の頃、私のような霊能者が時々我が家を訪れて、

いろいろな話を聞かせてくれたものです。


私はその方の話を聞くのがとても楽しみで、翌日学校があるにもかかわらず、

夜遅くまで親と一緒になって耳をかたむけていたものです。


我が家に霊能者が来るということは、

神様や仏様も一緒に来てくださるということでもあるのですから、

我が家にとってはなによりの喜びだったのです。


つまり、福の神が来たようなものですからね。



それ故、その方が来てくださっていた数年間は奇跡的なことが、

かなり多く起きていたものです。



例えば、弱小チームがたった一年で強豪チームに変身したり、

とてつもない仕事が舞い込んできたりと

奇跡的なことが日常茶飯事のごとく起こっていたものです。



あとで聞いたところによると、我が家に来てくださっていた霊能者の方は、

どこの家にでも泊まって歩いたわけではなく、ちゃんと選んで泊まっていたそうなのですから、

我が家はとても幸福な家だったわけです。


本当にありがたかったです。
 
 
 







ホームへ 霊能者の寝言・もくじへ このページのTOPへ