霊能者の寝言☆『霊能者(師)』というのは、一つの職業です☆霊能者の開運霊視

霊能者の寝言

『霊能者(師)』というのは、一つの職業です

世の中には、霊能者でもないのに『霊能者』の名を語り、
平気で人を騙して大金を取ったりしている人たちがいます。



そのために、真剣に『霊能者』として仕事をしている者たちにとっては、
非常に迷惑を被っているのが実情です。



一般的には、神様・仏様に仕える『霊能者(師)』ような仕事をしている人は、
無償でやる人が本物のように考えられているようです。



しかし、これは霊能者の仕事を知らない人たちの願望にすぎないと思います。



霊能者(師)の仕事を実際に見ている人なら分かると思いますが、
これは、手術室に入っている医師となんら変わらないくらいの真剣勝負の仕事なのです。



『霊能者(師)』という仕事は、社会的に認知度がまだまだ低いかもしれませんが、
私は医師や消防士と同じ、一つの職業だと思っております。



私たちにも生活がありますから、
生活をしていく上で、当然収入が必要になってまいります。



『霊能者の開運霊視』のホームページをご覧になった方の中には、
「なんだ、またお金を取るところか・・・」 「胡散臭いな・・・」 と感じる方もいるかもしれません。



しかし、私は今まで17年間『霊能者(師)』として生きてきましたが、
お金を持っていない人から料金をむしり取ったことは、一度たりともありません。



今のところ、私たちの『霊能者の開運霊視』のホームページの存在を知って、
安心して訪れてくれる方々との出会いが、私のささやかな生きがいになっています。



『霊能者の開運霊視』のホームページの向かって右側には、
私どもの仕事の内容が紹介してあります。



私は、この『霊能者の開運霊視』を主宰しているものとして、
スタッフの能力や性格に合ったポジションで仕事をしてもらっています。



『霊能者(師)』というのは、
世間から後ろ指を指されるような賤しい仕事では決してありません。



われわれ『霊能者(師)』は、胸を張って仕事をすべきだと思いますね。

▲このページのTOP

【霊能者の寝言】へ戻る