霊能者の寝言☆霊を信じない人の方が背負っているものが大きい!☆霊能者の開運霊視

霊能者の寝言

霊を信じない人の方が背負っているものが大きい!

世の中には『霊を信じられる人』と『霊を信じられない人』がいます。



今まで霊視をしてきて感じてきたことなのですが『霊を信じられない人』の方が、
はるかに目に見えない悪霊や怨霊を背負っているような気がします。



もし『霊を信じられない人』が霊を信じられる人になれば、
病院へ行っても苦しみが取れないようであれば、
当然『霊能者』のところへ行くようになると思うのです。



そうなれば、自分に憑依している霊が祓われていまうわけですよね。



復讐したい悪霊や怨霊からすると、積年の恨みを晴らせなくなりますから、
『霊を信じられない人』のままにしておいた方が好都合ということになります。



いつまでも『霊を信じられない人』というのは、
悪霊や怨霊になってしまった人の恨みによる呪縛ということもあるようです。



『霊を信じられない人』は、霊の存在を認めてしまうと、
怖すぎて生きていけないので、 霊を信じたくないのかもしれませんね。

▲このページのTOPへ

【霊能者の寝言】へ戻る