霊能者の寝言☆自分を取り戻すには・・・☆霊能者の開運霊視

霊能者の寝言

自分を取り戻すには・・・

今朝の私の体は、足も腰もバリバリ・・・。



しかし、心は晴れ晴れ!って感じです。



昨日の身延山の階段登りは、
自分にとっていろんな発見がありました。



最初は、今の自分にどれだけのことがやれるのか?
それが心配でした・・・。



登り始めは、きつくて大丈夫かな?って感じでした(笑)。



「とにかく、一歩一歩が大事だな!」
と言い聞かせながら登っていく・・・。



階段登りは、まるで人生のようです。



苦しければ立ち止まればいいし、
また行けると思えば進めばいいのです。



無理をする必要はありません。



階段を登っていて、面白い発見もありましたよ(笑)。



普段なら、私を見るなり「変なオヤジが来た・・・」という感じで、大概の人は視線を逸らすのですが、
不思議なことに、私が一生懸命に階段を登っていると、
見ず知らずの方々が次々と声をかけてくるのです。



これが、人情というものかな?と感じましたね。



何度も登っていると、
当然肉体が疲労してきてフラフラになってきます。



そうなってくると『下り』が非常に危険になってくるわけです。



足が痙攣していれば尚更のこと・・・。



もう駄目かな? と思ってしまえば、
本当に駄目になってしまうもの・・・です。



だからこそ「自分はやれる!」と自分に言い聞かせながら階段を下りる。



心の油断は禁物!
そう思って下りてくると、無事に下りて来れるものなのです。



これは、階段登りで気づいた事ですが、私は今まで、
自分なりに一生懸命に生きてきたつもりでいましたが、
知らず知らずのうちに、自分を見失っていたような気がしました。



初めは自分の体を治すために一生懸命だったはずが、
いつの間にか他人をも助けてあげたい・・・と思うようになり、そのうちに、相手のことを考えすぎて、
自分のすべき事が疎おろそかになってしまっていたようなのです。



それを痛感しましたね。



本当の自分を取り戻すには、自分のすべき事をし続けることです。



私はそう思います。



また、自分を鍛えに身延へ行きたいと思います(笑)。

▲このページのTOPへ

【霊能者の寝言】へ戻る