「お祓い」ってなに?



通常「お祓い」とは、神に祈って邪悪なものや穢れたものを押しのけて、
心身の罪や穢れを除き清めることを言います。

しかし、私の言うところのお祓いとはそれだけでなく、物に対するお祓いも含まれます。

たとえば、以下のものなどが挙げられます。



土地のお祓い その土地にかかわる悪い因縁を
断ち切るためのお祓い
古い家を壊すときのお祓い 壊すときに怪我や事故などが無いように
するためのお祓い
リフォームや新築の家のお祓い これから住むにあたり、住民が
すがすがしく生活できるように生霊や死霊が
入り込まないようにするためのお祓い
引越し先のお祓い 同上
車(新車・中古車)のお祓い 事故を起こしたり、
巻き込まれたりしない為のお祓い
中古品・骨董品のお祓い 使用していた前主の霊的問題や、
ついていた霊の悪影響をなくすためのお祓い



特に、土地、建物に変更を加える場合には、霊的問題について注意が必要です。

これらがあった場所は、あなたが意識していようといまいと、
神様がいらして守ってくださっていた場所なのです。



神棚
水回り(台所・風呂・トイレなど)
火回り(台所コンロ等)
玄関




ここを無視して家を壊したり建て替えたりすると、
神様方や霊の怒りをかうことになる場合があります。

盗難・火事・雨漏りなど、せっかくの門出が
思わぬ不運を呼び込むことになりかねません。
このように言うと
「神社で、地鎮祭やお祓いをしてもらいました。」
という人もいらっしゃいます。

確かに、そのような用意をすることは、何もしないよりも尊いことではあります。
しかし、悲しいことに今現在、神社などで行われているお祓いは、
形式的に過ぎ神・霊と「魂(こころ)を通わせる」ものではありません。

「魂」を通わせないお祓いで、神・霊を鎮めることは正直不可能です。
このことは、人間同士の関係を考えても
すぐにわかってもらえるのではないでしょうか?

心のこもっていない言葉は、どのようなものであっても、
相手の心に届くことはないし、いい関係を築くことなどできないでしょう?
この点、真に能力を有する霊能者であれば、
神・霊と直接「魂」を通わせることができ、
本当の意味でのお祓いを行うことが出来るのです。

また、単に神・霊を鎮めるだけでなく、
新たな生活に対する守護も期待する事が出来ます。
ぜひ、家の売買、引越し等、生活に大きな変化を迎える際には、
お祓いをうけて、よいスタートをきれるようにすることをお勧めします。
 
 
※私共の行う家のお祓いの特徴としては、玄関、各部屋、風呂、トイレなど
各室個別に必要な祝詞・お経をあげ、お祓い・開運の祈祷をしております。







ホームへ 霊能者の寝言・もくじへ このページのTOPへ 家のお祓いについて