霊能者の寝言☆「前世と祈祷」☆霊能者の開運霊視

霊能者の寝言

「前世と祈祷」

霊視をしていると、様々な『前世』の姿が視えてきます。



幸せな前世ばかりならば言うことがないのですが、
そういうわけにはいかないものです。



悪い前世の記憶や『しがらみ』が、今世での生き方を窮屈にしているわけですから、
その悪い前世の原因になってしまっている事を解決せねばなりません。



特に前世からの悪い『しがらみ』を解消するためには 、
『しがらみ』の原因になっているものを究明する必要があります。



その手段が霊視であり、お祓いなのです。



これらの事を繰り返し行うことで、
徐々に前世からのトラウマや『しがらみ』を解消させることができるのです。



それと、前世で関わった場所に何度も行くことで、
前世の記憶を蘇させるきっかけとなり、記憶を思い出させるための手助けにもなるわけです。



前世の事がある程度わかったら、
次にこれから先の人生がより良くなるための『祈祷』をすると、なお良いでしょう。



私は特別な事がないかぎり毎日『祈祷』をしているのですが、
先日、小林妙光さんから、横紋筋肉腫を患っている4才の坊やが、
母親に「僕、死んじゃうの?」と言っているという事を聞かされ、
私はいたたまれなくなり、勝手ながら『病気平癒』の祈祷を始めました。



すると先日、その子の母親からお礼のメールが届きました。



それによると、脳のMRIを撮影した結果、異状なしという事でした。



その報告を聞かされた時、私は本当に嬉しかったですね〜。



今回は、ハッピーエンドでしたから良かったのですが、
私の人生では私が相手の事を思いすぎた時には必ずと言っていい程、
ガッカリする結果になる場合が多いのです(苦笑)。



ですから、私は出来るだけ力を抜いて『さらり』と生きるように心掛けています(笑)。



今年から、散歩を始めたこともあり、
約20年ぶりに日焼けして、顔が真っ黒になってしまいました(笑)。



関西では、特に早朝から海岸を散歩しているのですが、
そうすると人知れず海辺のゴミを拾っている人たちを見かけることがあります。



そういう生き方が出来る人たちというのは、素晴らしいと思いますね。



私も『陰徳』を積むような努力をしていきたいと思います。

▲このページのTOP

【霊能者の寝言】へ戻る