霊能者の寝言☆日本の伝統と文化・・・霊能力☆霊能者の開運霊視

霊能者の寝言

日本の伝統と文化・・・霊能力

伝統とは、民族や社会が長い歴史を経て伝えて来た信仰や風習や芸術をいい、
文化とは衣食住などに関わる技術や芸術や道徳などを言うのだそうです。



私は「霊能力」も、
立派な日本の伝統であり、文化だと思っております。



宜保愛子さんがマスコミに登場する以前は「霊能力者」のことを「拝み屋」と呼び、
世間に馴染んでいたものです。



最近では「霊能力者」という言葉がメジャーになってきて表現が変わりましたが、
昔から人々の生活に関わっていたのです。



私はその日本の伝統をつないで行きたいと思っています。



今朝、相談者Aさんがお堂にみえた時に不思議な事がありました。



嬉しそうに笑っている女の子の声が聞こえたので、
私はてっきり娘さんも一緒に来たのかと思っていました。



そしたら、娘さんの姿はどこにも見当たりません。



不審に思った私は、「あれ、娘さんは一緒じゃないのですか?」と 尋ねたら、
今日は一人で来たと言うのです。



私が「今日は、子供の霊を連れてきましたね!」と言うと、
Aさんは「どうりで肩が重いと思いました(笑)。」と言うので、すぐに霊視を始めました。



霊視の最中に、
ふっと昨日「祥月命日供養」をした、Aさんの祖母の事を思い出したのです。



どうやら、その祖母の霊が供養を依頼してくれたAさんに感謝の気持ちを伝えたくて、
子供の姿になって現れたようなのです。



これは別に、その祖母が成仏していないから現れたわけではありません。



「祥月命日供養」をしてもらったことがありがたくて、
お礼の気持ちを伝えたかっただけなのです。



霊というのは、年老いて亡くなった人でも、若かりし頃の姿で現れたり、
子供の姿で現れたりすることがあります。



映画「フィールド・オブドリームス」を見ていただければ、それが分かると思いますよ。



ぜひ、ご覧ください!

▲このページのTOPへ

【霊能者の寝言】へ戻る