霊能者の寝言☆定義如来と金華山☆霊能者の開運霊視

霊能者の寝言

定義如来と金華山

今、鮎川の御番所公園で浜風に吹かれながらブログを書いています。



ここは、仙台藩が黒船を監視する番所跡だったそうです。



昨日、「定義如来と金華山」へお参りに行ってまいりました。



皆さんも御存じのように定義如来は、
平家の落人・ 肥後守平貞能(ひごのかみたいらのさだよし)公が安徳天皇の菩提を弔い、
源氏の滅亡と平家の再興を願った所です。



そして、金華山は弁才天様が祀られており、
こちらの弁才天様は日本五大弁才天の一つに数えられています。



金華山黄金山神社では、7月に龍神まつりが行なわれるようです。



今回は、高速海上タクシー「くろしお3号」に乗って金華山へ行って来ました。



荒波を乗り越え、なかなかの迫力でしたよ(笑)。



昨夜は「あゆかわ荘」に泊めていただき、ありがとうございました。



いろんな所をお参りしていると、
様々なお参りの仕方を目にすることが出来るものです。



そこで感じることは
「何をするにも、まず形から入る人がいるものだな〜」ということです。



たとえば、野球がしたいと思えば、まずは良いグローブやバ ットそしてスパイクを買い揃え、
どれをとっても高価な物ばかりというような人がいます。



見た目は野球選手そのものなのですが、実際に野球をやらせてみると、
意外に見掛け倒しということがあるものです。



何ごとも能書きは立派でも、実際にやれないのでは話になりませんね。



大事なのは形ではなく、
やろうとする「心構え」だと思います。格好なんてどうでもいいのです。



たとえば、修行僧が印を結んだりお経を読んだりしてお参りしている姿を見掛けることがありますが、これだって同じことです。



格好良く印を結んだり、お経を上手に読めたからといって、目指す目的が達成できなければ、
なんの意味もないわけです。



わが師匠というのは、パッと見はどこにでもいる普通のお婆さんそのものでしたが、
いざとなると別人でしたね。



神社・仏閣へお参りに行っても、派手なパフォーマンスをするわけでもなく、
普通にお参りしてくる方でしたが、ただ霊視を始めるとなると普通のお婆さんではありませんでした。



ひとたび霊視が始まると、
別人のように私しか知らないような事を次々と言い当てるわけです。



とにかく、なぜ師匠にわかるのだろう?と思うような事が日常茶飯事でしたね。



本物というのは、「ここぞ!」という時に力を発揮するものだと教えられました。



やはり、いくら着飾っても、心ができていなければ本当の力は授からないし、
その力を活かすことも出来ないのだと思います。



本物というのは、心も本物なのですよね。



先日、ある方から「心・心・心が大事という人に限って、心が伴っていない人が多いんだよね!」と 言われた時に、
ドキッとしました(笑)。



私も心を失わないように、気をつけたいと思います。



心を成長させるというのは、
本当に大変な事ですから、気張らずにやって行こうと思います。

▲このページのTOPへ

【霊能者の寝言】へ戻る