霊視(お祓い)の重要性




出張場所に向かっている途中、私は急に背中が苦しくなり

「これは出張先に肺癌の霊が来ているな!」と思っていたら、

到着するなり出張先のご主人が突然むかし話を始め、

肺癌で亡くなった方の話をしだしたのです。



こういう風に「霊」というのは、自分の存在を知らせるために、

突然むかし話をさせたりして、自分の存在を知らせようとするのです。



これに気付かないと霊は不満を感じ、

いつまでもシグナルを送り続けるわけです。




そうなると、


「最近どうも体調がすぐれない・・・」


というような状態になってしまうのです。




その時に必要なのが霊視であり、供養なのです。



霊にもいろんなタイプがあります。



たとえば、何かを訴えかけている霊には、話を聞いて供養する必要がありますし、

座敷わらしのように幸運をもたらす福の神のような霊には、

感謝の気持ちを伝えればいいのです。



つまり、「霊」イコール悪いものというわけではないのです。



ただし、何かを訴えかけてきている霊に対しては、

しっかりした対応をしなければいけません。



そうしなければ、祟られることだってありますからね。



皆さんの中には、

霊視(お祓い)の重要性に気付いていない方がいらっしゃるようです。



一度霊視を受ければ安心してしまうのでしょうか?



重いもの(先程の何かを訴えかけてきている霊など)を背負っている人に限って、

不思議なことになかなか霊視(お祓い)を受けに来ないものです。



福島や神戸では、月一回ということもありますが、霊視(お祓い)の重要性を

知っている方は、毎月霊視を受けに来ているのですよ!



毎月霊視を受けに来る人の中には

「一ヶ月の間に背負ってしまった悪いものを祓ってもらいに来ました!」

と言って来る方がいます。



実は、これが正解なのです。



日々生活をしていると、いろんな方に出会います。



その度に目に見えない様々なものを背負い込んでしまっているわけです。



それらのものを、体の中に蓄積してしまうと不定愁訴と言われる

頭痛・動悸・息切れ・めまい等が現れてくるのです。



結局は、病院へ行っても原因がわからず、

善くならないというような現象が起こるわけです。



そういう厄介な症状にならないためにも、

繰り返し霊視(お祓い)を受けるように心掛けて下さいね。



別に営業のために言っているわけ ではありません。



なんでもそうですが、

続けることが健康でいられるための秘訣だと思うからです。



目次へ戻る