「前世の記憶」



私は前世からの魂を供養するという意味で、

全国津々浦々の古戦場跡や史跡を敵味方の区別なく供養して参りました。



ただ、今までにお一人だけ供養をするために行ったにも拘らず、

私自ら拒否してしまったことがありました。



今思えば申し訳ないことをしたなぁと思っています。



今日は、その方に関わる所へ行ってお墓参りをしてきました。



朝6時に起床し明石大橋を渡ったのですが、

せっかくの眺めも凄い雨のために楽しむ所の話ではありませんでした。



向かった先は、淡路島近くの沼島(ぬしま)。



向かう途中、私の両目が開かないのには参りましたが、

それでもなんとか橋爪さんの運転で、土生(はぶ)に辿り着くことが出来ました。



そこから9時出航の「しまかぜ」という船に乗り、

約10分で海を渡り沼島に着きました。



ここは、沼島水軍を支配していた梶原一族の祖、

梶原景時の墓があると言われている所です。



景時は平安時代末期、源頼朝挙兵後の最初の源平合戦である石橋山の合戦で

平氏方として源頼朝の軍を破りました。



しかし、洞窟に潜んでいた頼朝を故意に見逃し、

後に源氏が復活した際には頼朝方について、

その後の源平の戦いでは、桓武平氏でありながら源氏方につき平家を滅ぼし、

源頼朝が死ぬまで側近として勢力を振るっていましたが、

告げ口が災いして鎌倉を追われ討ち死にした人物です。



私と梶原景時が、前世でどのような関係だったのかはわかりませんが、

因果応報でしょうか?



私は沼島へ行く前日から、まるで風邪をひいたかのような状態になってしまい、

沼島へ行けるかどうか心配なくらいになってしまったのです。



どうやらこれも霊障だったようです。



つまり、

私の前世での記憶が何らかのものに反応してしまったらしいのです。



私の場合、そういう時にはよく体調を崩しやすいようです。



幸いにも沼島に着いた頃には、体調も良くなり、

雨もあがりベストコンディションになったのですが、

私はこの体質にしばしば悩まされてしまうことがあるのです(苦笑)。



沼島に着いて早速、弁財天神社・八幡神社・おのころ神社・梶原景時のお墓を

お参りして11時20分の船に乗って帰って参りました。



沼島の八幡神社は、

梶原俊景の時代に京都の石清水八幡宮の分霊を勧請したそうです。



私たちは、沼島の主だった大事な所をお参りして帰って来ましたが、

前世の記憶というのは、何に反応するかわからないものです。



今回わかったことは、

少なくても私の前世は梶原景時の反対側にいた人物のようだということです。



やはり何度か繰り返し訪ねなければ、

はっきりした事はわからないものですね。



しかし、前世というものは、本当に不思議なもので、

突然に意外な所で思い出されることもあるのです。



例えば、人に会った瞬間に何故か

「この人は嫌い!」と思ってしまったりすることがあります。



これは前世で、相手にとても嫌な事をされていることが多いようです。



また、ある場所に着いた時、

突然に体調を崩してしまうような時があります。



こういう時は、案外敵陣だったりすることがあるのです。



これとは全然話が違うのですが、前世でとても仲の良い夫婦だった場合などは、

年齢の差を超えて惹かれあうもののようですよ。



前世の記憶とは面白いものですね。



本来、生まれ変わる意味というのは、前世での失敗を繰り返さないようにするために、

もう一度チャンスを与えられていることが多いのです。



ですから、そのせっかくのチャンスを、

再び前世での遺恨を晴らそうと思ったりしてしまうと、

元も子も 無くなってしまいますから、やめた方がいいと思いますね。



そういう事をしてしまうと「因果は巡る!」で、

何度も同じことを繰り返す人生になってしまうからです。



ただ同じことを繰り返すだけの人生なら、

生まれ変わらない方がいいような気がします(笑)。



人間的には全然成長していないわけですからね・・・。



目次へ戻る