画像


   【ブログ「霊能者の想い」】


人間の表情には、その時々の感情が表れて来ます。

ちょっと表現が悪いですが、表の顔の時もあれば裏の顔が出てしまう時もあります。


これは喜怒哀楽があってこそ人間なのだから仕方がない事だと思います。


ちなみにあなたは【今】どちらの顔を出していますか?

顔で笑っていても背中が泣いているようではいけません。

そういう生き方をしているとストレスが溜まり、魂が萎んでしまい、いずれ【うつ状態】になってしまう事でしょう。


人間は喜怒哀楽があっていいのです。

笑いたい時には大いに笑い。

泣きたい時には思う存分に泣けば良いのです。


そうする事によって魂が潤って来るからです。



私たちは自分の魂を研きあげるために生まれ変わって来ているのだから、魂が喜ぶような生き方をすべきです。


周りの様子を気にするあまりに、自分自身の気持ちを正直に表せないようでは【自分】というものを見失ってしまいます。


自分勝手過ぎる生き方はいけませんが、自己犠牲が過ぎる生き方もいけません。


何事もバランスが大事なのです。


人間を成長させるためには、表方も裏方もやってみる事が重要です。


そうする事によって【自分だけが頑張っている】とか【自分だけが我慢を強いられている】という考えが吹っ飛ぶからです。


【生きる】という事は全てに意味があります。


特に自分の想いが通らず、我慢・我慢・我慢の時などは、まさに【成長】させてもらっている時です。


だから腐ってはなりません。


その我慢を乗り越えられた人だけに【その先の道】が開かれるわけだからです。


人間というものは、子供の頃から順調に行き過ぎると、つい思い上がってしまい、とても傲慢な人間になり易いものです。


人間は【傲慢】になってしまったら、もう成長は致しません。


だからこそ【傲慢な人間】を作り出さないために、人間を成長させるための【試練】が与えられるわけです。


この【試練】を乗り越えるための【我慢】が非常に重要なのです。


【生きる】という事において、何でもかんでも上手くいくという事は有り得ません。


必ず【躓き】というものがあるものです。


その【躓いた時】に腹を立てたり、腐ってしまったりすると、自分自身を潰す事になってしまうのです。


恥ずかしながら、若い頃の私はだいぶ失敗を致しました・・・。

私のように同じ失敗をして欲しくないからこそ、今ここで言うわけです。



人間は楽しく生きて行くべきですが、その前に【試練】から逃げてはなりません。


逃げてばかりいると一生逃げ回る生き方になってしまうからです。


本当の【楽しさ】は【試練】を乗り越えた後にやってくるのです。


だからこそ「ようこそ【試練】」と思うようにしてください。




ブログ【霊能者の想い】は、霊能者として生きて来た私自身の体験や私の想いを表現している場所です。

是非、皆さん読んでみてください。





                    目次へ戻る