霊能者の寝言☆霊能者の本音☆霊能者の開運霊視

霊能者の寝言

霊能者の本音

サッカーの試合には、ホームとアウェーがあります。


アウェーで試合をする場合は、かなり肉体的精神的にハードになるそうです。


私の場合は出張霊視がアウェーになります。


やはりハードですね(笑)。


先日6日間ほど出張霊視に行って来たのですが、へとへとになりました。  



私が霊視をしていると、たまに「この人物は信用できないな!」と思える時があります。


それは、たとえば関ケ原の戦いで西軍を裏切ったり、
明治維新で寝返ったりした前世を 持つ人達のことです。


こういう裏切りの前世を持つ人達は、
前世と同じように裏切りを 繰り返す可能性が非常に高いようです。


その因縁を持っている人達は、よほど自分の魂を 成長させるための努力をしないかぎり、
また裏切りを繰り返してしまうようです。


主君や朋友を裏切ったことによって、一時は良い結果を生み富や名声を得たとしても、
結局は陰で「裏切り者」のレッテルを張られているものです。


「あいつは、また裏切るかもしれないぞ・・・」というように、
味方にまで不信感を 抱かれながら生きていくことになるのですから、まさに生き地獄だと思います。


皮肉なものですね。  



一度不信感を抱かれた者が、その不信感を拭い去るには、大変な努力がいるものです。


前世や現世で裏切った人達のその後の人生は悲惨なもののようです。



たとえば、どんなに信用を得ようと努力しても実績を認めてもらえなかったり、
逆に裏切られて辛い思いをしたりしているようです。


ですから、この世では人を裏切ることのないように、
しっかり精神修行 してもらいたいですね。


そうしなければ、
この世より来世の方がもっと苛酷な人生を おくることになってしまいますからね。


また、義理や恩を捨てて、自分の保身のために損得勘定で行動した者達には、
今度は「自身の寝返り行為」によって、必ず身を滅ぼす来世が待っているものです。


つまり、帳じりが合うようになっているのですよね。


こういう人達のことを下衆と言います。


できれば関わりたくないものですが、この世での私の仕事は、
魂を成長させるすべを 導く役割ですから、これも因縁だと思って、
そういう人達にも現在を生きるための道を 説いております。


その道を歩む方法の一つとして、もしも上官についていけないので あれば、
初めから「私は反対側につかせていただきます!」と言えばいいのです。


それが原因で、打ち首になるのであれば、それはそれなのです。


その方が、 武士として気持ちがいいというものではありませんか。


人間の生き様として、
決して騙し討ちするような生き方をしてはなりません。


それと、恩を仇で返すような生き方をしてはなりません。


もし、そんなことをしてしまうと、
末代まで祟られて家が断絶してしまうことだってあるのですからね。


私の霊視は、一時期だけ人の損得を導くためのものではありません。


現世での生きるべき 道を示唆することによって、
来世の繁栄をも願っているのです。


最近私は、力のある霊能者たちが何故自分の魂を成長させるための努力を放棄し、
自殺をしたり霊能の仕事から足を洗ったりするのかが、よく分かるようになってきました。


実際、私も嫌になるときがありますからね(笑)。


私は金儲けをするために、霊能者をしているわけではないのですが、
私をお金儲けのために利用しようとする者が訪れることがあるのです。


そんなことに利用されるのかと 思うとすごく腹が立ちます。


たとえば「どの馬が勝つと思う?予想して!」などと、
競馬の事を聞かれたりするのも嫌ですね(苦笑)。


私は「苦しんでいる人を楽にしてあげたい!」という一心で、今まで一生懸命やって参りました。


自衛隊を4年間任期満了で除隊した後は、リハビリテーションをする病院に勤めたり、
自営でマッサージや整体の仕事をして参りました。


そうしているうちに、 自然に霊能力が授かったのです。


私は真剣に取り組んできたからこそ、授かった能力だと自負しています。


私が自衛隊をやめた理由というのは、実に簡単です。


出世競争のアホらしさを知ったからです。


上官というのは、自分のポジション確保しか頭にはなく、
下の者の将来を考えてくれるような人などほとんどいませんでしたから、
そういうことに対して絶望したのです。


自分の保身しか考えていない上官であっても、
容姿だけはとっても男らしく 格好良かったですよ。


しかし「真の男」などは、ほとんどいませんでしたけどね。


でも、これは、20年以上も前の話ですから、 誤解しないで下さいね・・・


今から思えば、大学を出たばかりの心の育っていない若者が、
上官として部下の人生を左右して行くわけですから恐ろしいことです。


そういう状況の中で、私は昇進を 辞退して自衛隊をやめたのです。


現在から未来そして来世へと続く人間の長い道のりを、
私は自分の魂を鍛え続けながら霊能力を駆使して導いていきたいと、
そんな上官を思い出しながら自分を鼓舞しています。


現世に生まれでて、長い人生を歩む最初に授かるものが「名前」です。


私は霊視をする直前に必ず名前を書いてもらうようにしています。


この名前というのは、とっても面白いですよ〜。


一般的な姓名判断の解説と実際とでは、 かなりかけ離れているからです。


結局名前というのは、親が子供にこのように育って 欲しい!という親心でつける名前ですから、
実際のところは「理想と現実」のように 食い違ってしまうのでしょう。


「名は体を現す!」と言う具合にはならないのが 現実のようです。


昔は、名はその実体と合っていると言っていたようですが、実際はその逆が多いようですよ。


皆さんは、つけられた名前通りになれるように 努力していって下さいね。

▲このページのTOPへ