父性を求める若者たち



最近、霊視をしていると

父性を求めている人が多くなってきたなと思うことがあります。



先日も若い父親と話しをしているときに、それを感じました。  



近頃の親には、子供の幸せを想うあまりに、

先回りをして子供に「ありがた迷惑レール」を引こうとする者がおります。



そうかと思うと、世間体を気にするあまりに、

子供の夢や希望を奪ってしまう者までもおります。



そして、

親が考えたレールを子供に歩かせようとするわけです。



親が思う幸せが、

本当に子供の幸せになるとは限らないはずなのですがね。



良かれと思ってしたことが、

かえって子供の芽を摘んでしまうことだってあるのです。  



たとえ、

親からいただいた遺伝子であっても、子供の魂は別ものですからね。  



子供には子供の考える幸せというものがあるのです。



親は子供が幸せになれるようにと、子供を想えばこその愛情なのでしょうが、

これは間違った愛情です。  



もし、そのレールを歩いてゆくような子供が育てば、それはまるで、

親が駄目人間を作っているようなものです。



これは本当に余計なことなのです。  



今の親たちは大事なことを忘れています。  



昔から言われているように、「かわいい子供には旅をさせろ!」でいいのです。



苦しみながら辛い思いをしてこそ、親元の暖かさが身にしみたり、

親のありがたさがわかってきたりするものですからね。



親は子供達に、

そういうことを身につけさせるチャンスを与えるべきです。  



今の時代は、父親の役割、母親の役割というものがあるはずなのに、

二人一緒になって優しかったり、あるいは二人とも厳しすぎたり、

これじゃ両親に責められたときに逃げ場を失ってしまいます。



そうすると、

発散の場を外に向けるようになってしまうのです。



苦しんで悩んでいるときに、

頼りにならない親など必要としなくなるわけです。



本当なら、そういうときに厳しく叱咤激励する父親と、

やさしく受け止めてくれる母親がいてくれさえすれば、

家庭内のバランスが取れるのですがね。  



家庭の中に、父親の役割をする人がいなくなってきたことが、

家庭崩壊の原因のひとつになっていると思います。  



いまの子供達は、

厳しくも深い愛情を持った父親を必要としているのです。  



世のお父さん方、

ふんどし締めなおして「威厳のある」父親になってくださいね。



子供達は、そういう父親を待っていますよ!



目次へ戻る