霊能者として目覚めるとき



平安時代に陰陽師と言われる人たちがいました。  



陰陽師たちは、

天皇が住む御所の鬼門にあたる一番危険な場所と言われる所に住み、

天皇をお守りしていました。



これは、霊能者にもあてはまるのです。  



霊能者というのは、

自然に浮かばれない霊が多く集まる危険な場所に住むようになっているようです。



そして、その土地を浄化する役目があるようなのです。



力のない霊能者は、その浮かばれない霊たちに潰され、

力のある霊能者は、その土地を浄化し、周辺に住む人たちを守っていくのです。  



だからこそ、

霊能者は常に自分の力を高めていく修行が不可欠なのです。



それを怠る霊能者は、自然に自滅していくわけです。  



先日、青森に出張霊視に行って参りました。



その家もやはり、霊能者にとっての修行となる土地でした。



家が建っていた場所は、戦時中に焼夷弾を落とされ多くの人々が焼け出され、

死体が集められた場所のすぐ近くにありました。



今回伺った家は、

浮かばれない霊たちが、今も集まってくる所だったのです。



今回の出張霊視は、霊の集まる場所に何も知らないで住んでしまった人からの

「原因不明の体調悪化」の霊視依頼でした。  



その家に向かう途中、突然私はお地蔵様が視え出しました。



今までの経験上、お地蔵様が出てくる場所というのは、

以前お墓であった場合が多いのです。  



一般的にお墓があった場所や霊の集まる場所に住んでしまった時、

今まで霊感が眠っていた人が、

突然「霊能者」として目覚めるきっかけになることが多いようです。  



どの病院へ行っても、体の異常が治らなかったら、

一度ためしに霊能者を訪ねてみてください。



目次へ戻る