大木になろう!



私が、4歳頃から住んでいた家は、長屋風の市営住宅でした。



そのせいもあってか?ときどき一戸建ての大人たちから、

見下されたような目で見られたことがありました。



当時の私は嫌な気持ちになったこともありましたが、

どこに住んでいようが別に気になりませんでした。



楽しかったからでしょうね(笑)。  



ただ、ひとつだけ子供心に傷ついていた事がありました。  



それは、年も違い一緒に勉強もしたこともない人で、

顔をあわすたびに私を馬鹿呼ばわりする人がいたのです。



その人の名を、あえて書かせていただきます。



「○○けんや」という響きの名でした。



この人の名前の響きが、そういう事をさせたのか?

私の前世との絡みから、いやがらせのような事を言ったのかは、

今のところ定かではありません。



おそらく、この名前と同じ名前を持っていた人が、

私の前世に非常に関わっていたのだと思います。



別に今でも私が、その人のことを根に持っているわけではありませんが(笑)、

時々頭に浮かぶ名前なのです。



私はこれからも、

この名前と私の前世とのつながりを注意深く調べて行きたいと思っています。



私は時々、山梨県にある身延山にお参りに行くことがあります。    



その時に目にするのが、巨木です。



「風雪に耐えた木は強い!・・・」ですね〜。



私もそのような強い男になりたいものです。



この身延山に行くと数多くの大木を目にすることができます。



今から約750年前、日蓮様は身延の山に入り修行されました。



その当時の御草庵跡が今でも残っています。



御草庵跡を見るたびに日蓮様の苦労が偲ばれ、

私はもっともっと修行しなければいけないな!と、いつも考えさせられます。



それにはまず、修行の道を自分の足でしっかり歩き、

力をつけること以外に方法はないと思っております。



自分の人生を切り開くのも閉ざすのも

自分自身の努力しだいだと思うからです。  



結局は、自分で努力した分しか身に着かないものですからね。  



日蓮様のように、

どんな苦難にも耐えられる信念の強い人間になりたいものです。



目次へ戻る