堂々巡りするなかれ
              



私は、ほぼ毎月七面山あるいは身延山にお参りに行くのですが、

その他にも前世で関わったような神社・仏閣・史跡に行くことがあります。



すると、そのことを知っている相談者の方々が、

「今月は、どこに行くのですか?」と、聞いてくるのです。



なるべく、関係のありそうな所に、

相談者の方々を連れて行くようにしているのですが、

何故かお参りの最中あるいは、お参り後に急に態度がおかしくなり、

私に向かってくる人がいるのです。



これは、前世の因縁に負けてしまっている

証拠なんですよね。



こういう人は、何度も同じ過ちを繰り返す傾向があるようです。



結局、堂々巡りをしてしまうのです。もったいないですね。



私も、よく師匠(十条の先生)に、

「『先生、先生!』と親しげに言ってくる人に気をつけなさい!」

と、教えられたものです。



しかし、何度同じにがい水を飲んだことか・・・(苦笑)

我ながら、お人好しの堂々巡りには笑ってしまいます。



自分も含め、堂々巡りする人は、ものになりませんね! 時間の無駄です。(笑)



その点、我が師匠は素晴らしかった!



「この人は、駄目だ!」と思うと、あっという間に霊視が終わり、

家に帰してしまいましたからね。



まさしくプロの技です(感心)



何事も、夢中になり過ぎて、がむしゃらにやっているうちは、

かえって大事なことを見過ごしてしまうことが多いようです。



とにかく、急がず、慌てず、少し疲れたなと思ったら、休憩を取りながら、

やっていくようにすると、冷静な判断が下せるのではないでしょうか。



今は師走、先生も気ぜわしく走り回る季節です。



しかし、先生と言われる人ほど、バタバタしているようじゃ駄目なんですよね。



どっしり腰を据えていかなくちゃね!



目次へ戻る