陰陽師・安倍晴明
              



私は、陰陽師として有名な安倍晴明が

どんな人物だったのか良く理解していないのですが、

どこか私と共通するものを感じるときがあります。



私は、子供の頃から星を眺めることが好きで、

冬の寒い時期でもよく夜空を眺めていたものです。



なんの因果かわかりませんが、陰陽五行説を学んだことがあるのも不思議です。



それと、なぜか私は以前から、京都の中心部にはほとんど興味がなく、

嵐山周辺と貴船神社から東山方面にとても惹かれるのです。



そういうことを考えると、少なからず私の過去世において、

京都でなんらかの事をしていたのは事実のような気がします。



以前、茨城県の安倍晴明誕生の地へ初めて向かっている時のことです。



初めて行ったにもかかわらず、「あそこだな!」と感じて行ってみると、

その場所にたどりつくことができたのです。自分でも不思議に思うのですが、

時々そういうことがあるのです。



安倍晴明と私が前世において、どのような関係で結ばれているのか? など、

今のところ知る由もありませんが、簡単に誕生の地にたどりつけたということは、

もしかしたら私は、何らかの形で安倍晴明と係わり合いがあるのかもしれません(笑)



私が相談者の方を霊視していると、

「この人の前世は陰陽師だな!」と思える人が結構いるものなのですよ。



では、自分の前世を知るときは、どういう場合か? というと、意外にも

相談者の方の霊視をしている最中に、一緒に見えてくることが多いのです。



それによると、

どうやら私も陰陽師として仕事をしていた過去世があったようなのです。



先日、こんなことがありました。

奈良県明日香村の甘樫丘(あまかしのおか)から、大和三山を見た時と、

そして安倍文珠院から同じく大和三山を見たときに、ハッと気づかされたのです。



それは、「私は絶対に過去世において、この景色を見ている!」ということでした。



私が、どの時代でこの景色を見ていたのか定かではありませんが、

その場所にいたことは、確かなような気がします。



このように、実際に現地を歩いてみることによって、過去世の記憶がよみがえり、

自分を知ることがあるのですから、旅は楽しいものです。



ちなみに、源博雅殿は、現在青森県にいるようです。(笑)

近々、世に出てくると思いますから皆さん、お楽しみに!



目次へ戻る