霊能者 日宗の寝言☆お参りは何かを感じ取れるまで続けなさい!☆霊能者の開運霊視

霊能者 日宗の寝言

お参りは何かを感じ取れるまで続けなさい!

私は霊視をした後に、「あなたの場合は○○神社・○○寺へ行くといいですよ。」 と指示します。
 
すると中には、 「○○神社と○○寺へ行ってきましたが、全然開運しないのですが・・・」
と言う人がでてきます。
 
そこで私が「ところで、何回 行ったの?」 と聞くと、
「一度ずつ行ってまいりました・・・」 と言うのです。
 
「じゃ、何であなたがその神社やお寺へ行かされたかわかりましたか?」 と聞くと、
「何もわかりませんでした・・・」 という具合になることがあります。
 
開運という文字は、運を開くと書きます。
 
運という字は、はこぶと読み、 はこぶ という動作は動くことです。
 
動くというのは汗をかいて、努力するということ。
 
つまり、汗をいっぱいかいて努力しないかぎり、 開運するはずがないのです。
 
先ほどの会話の内容を聞けばわかるように、 たった一度 神社・仏閣に行ったからといって、
そう簡単に開運するわけがないのです。
 
そんな簡単に開運するのであれば、誰だってすぐに開運するわけです。
 
人生はそんなに生易しいものではありません。
 
他人には、まねができないような努力をするからこそ、 運を与えられるのです。
 
苦しい時の神だのみなど、 聞きとどけていただけるわけがありません。
 
それこそ、なぜ○○神社・○○寺へ行くといいですよ! と言われたかの意味が分かるまで、
お参りしつづけるくらいの努力をしてもらいたいものです。
 
私事で恐縮ですが、私の場合は片道600kmの道のりを、
毎月、車を走らせ伊勢神宮へお参りしに行っていた時があったのですが、
13回目くらいから、ようやくその意味が理解できはじめたのです。
 
人生とは厳しいものです。
 
みなさんも、自分の人生のためですから、 頑張ってみてくださいね!

▲このページのTOP

【霊能者 日宗の寝言】へ戻る