兵庫県神戸市 敦盛塚 編

兵庫県神戸市須磨区一の谷町5丁目

交通:山陽電車須磨浦公園駅下車徒歩約5分

霊能者日宗が歩いた巡礼記/兵庫県神戸市 敦盛塚 霊能者日宗が歩いた巡礼記/兵庫県神戸市 敦盛塚

この付近は源平一の谷合戦場と知られ、寿永3年(1184)2月7日に、当時16歳の平敦盛たいらのあつもり熊谷次郎直実くまがいじろうなおざねによって首を討たれ、

それを供養するためにこの塔を建立したという伝承から、”敦盛塚”と呼ばれるようになった。



一の谷と戦の濱

1184年(寿永3年)2月7日の源平の戦いでは、平氏の陣があったといわれ、

この谷を200mあまりさかのぼると二つに分かれ、東の一の谷 本流に対して、

西の谷を 赤旗の谷と呼び、平家の赤旗で満ちていた谷だと伝えられている。
霊能者日宗が歩いた巡礼記/兵庫県神戸市 戦の浜


霊能者日宗が歩いた巡礼記/兵庫県神戸市 須磨浦公園総合案内板 一の谷から西一隊の海岸は、「戦の濱」といわれ、

毎年2月7日の夜明けには松風と波音のなかに

軍馬の嘶く声が聞こえたとも伝えられ、

ここが源平の戦いのなかでも特筆される

激戦の地であったことが偲ばれる。




TOP  /  「平家ゆかりの地を訪ねて」へ