霊能者日宗が歩いた巡礼記/京都 六波羅蜜寺 空也上人

京都 六波羅蜜寺 編




六波羅蜜寺界隈は平安時代末期、平忠盛・清盛・重盛の頃には数千を越える邸館が並び、
鎌倉時代には幕府により六波羅探題ろくはらたんだい

(京都の六波羅に置かれた鎌倉幕府の重要な出先機関。皇居の守護、近畿の政務などに当たった。)

が建てられました。



武家社会が匂う寺院ですが歴史は深く、
醍醐天皇の子供である光勝こうしょう空也上人により951年、開かれたとされています。


空也上人といえば疫病が流行した際に

自ら彫り刻んだ十一面観音を荷車に乗せ町を引き歩き、

茶を病者に授け悪疫を退散させた事で有名です。


現在は、西国三十三ヶ寺の十七番札所として参拝者は耐えません。


また、都七福神の弁天様を祀る寺院であることでも知名度は高く

正月明けの頃には七福神巡りの参拝者で境内は立て込みます。


先祖が平家の方、前世が平家の方は是非行ってくださいね!!









TOP  /  「平家ゆかりの地を訪ねて」へ